Fedora 22
Sponsored Link

FreeIPA クライアントの設定
FreeIPA サーバーのユーザーアカウント情報を共有できるように FreeIPA クライアントとしての設定をします。
[1] 事前に FreeIPA サーバー側で FreeIPA クライアントとするホストを DNS に登録しておきます。
# ipa dnsrecord-add [ドメイン名] [レコード名] [レコードタイプ] [レコード]

[root@dlp ~]#
ipa dnsrecord-add srv.world client01 --a-rec

  Record name: client01
  A record:
[2] FreeIPA クライアントとするホストに FreeIPA クライアントツールをインストールし、DNS の参照先を FreeIPA サーバーに向けておきます。
[root@client01 ~]#
dnf -y install freeipa-client
[root@client01 ~]#
nmcli c modify eno16777736 ipv4.dns

[root@client01 ~]#
nmcli c down eno16777736; nmcli c up eno16777736

[3] FreeIPA クライアントとしてセットアップします。時刻は FreeIPA サーバー側と同期させておいてください。
[root@client01 ~]#

Discovery was successful!
Hostname: client01.srv.world
DNS Domain: srv.world
IPA Server: dlp.srv.world
BaseDN: dc=server,dc=world

# 設定を確認して yes で進む

Continue to configure the system with these values? [no]:

# admin で応答

User authorized to enroll computers:

Synchronizing time with KDC...
Unable to sync time with IPA NTP server, assuming the time is in sync. Please check that 123 UDP port is opened.
Password for admin@SRV.WORLD:
Successfully retrieved CA cert
    Subject:     CN=Certificate Authority,O=SRV.WORLD
    Issuer:      CN=Certificate Authority,O=SRV.WORLD
    Valid From:  Fri Mar 20 01:42:15 2015 UTC
    Valid Until: Tue Mar 20 01:42:15 2035 UTC

Enrolled in IPA realm SRV.WORLD
SSSD enabled
Configured /etc/openldap/ldap.conf
Configured /etc/ssh/ssh_config
Configured /etc/ssh/sshd_config
Configuring srv.world as NIS domain.
Client configuration complete.

# 必要であれば以下も設定しておきます ( 初回ログイン時にホームディレクトリを自動生成 )

[root@client01 ~]#
authconfig --enablemkhomedir --update

getsebool: SELinux is disabled
[root@client01 ~]#
Fedora release 22 (Twenty Two)
Kernel 4.0.4-301.fc22.x86_64 on an x86_64 (ttyS0)
client01 login:
# IPAユーザー

# パスワード

Password expired. Change your password now.  
# 初回ログイン時はパスワードの変更が求められる

Current Password:
# 現在のパスワード

New password:
# 新しいパスワード

Retype new password:
Creating home directory for redhat.
[redhat@client01 ~]$
# ログインできた