Fedora 22
Sponsored Link

DHCPクライアントの設定 : Fedora
2015/06/02
 
LAN内のクライアントがDHCPサーバーからIPアドレスを自動取得できるようにします。 なお、DHCPクライアント は 68/UDP を使用します。
[1] Fedoraクライアントで DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得するには以下のように設定します。(「eno16777736」の箇所は環境によって異なるため、自身の環境に読み替えてください )
[root@client ~]#
nmcli c modify eno16777736 ipv4.method auto

[root@client ~]#
nmcli c down eno16777736; nmcli c up eno16777736

Connection successfully activated (D-Bus active path: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/1)
DHCPクライアントの設定 : Windows
 
Windowsクライアントで DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得するには以下のようにします。Windows 8.1 を例にします。
[2] 「ネットワーク接続」を開き、設定したいネットワークのアイコンを右クリックし「プロパティ」を選択して以下の画面を出して、 以下のように「インターネットプロトコル」を選択した状態で、右下のプロパティボタンをクリックします。
[3] 以下のようにチェックを入れ OK します。すると、ネットワークの再設定になり、IPアドレスの自動取得が始まります。
[4] ネットワークの再設定が終了し、状態を見てみると以下のようにIPアドレスが自動取得されています。
関連コンテンツ
 
Tweet