Fedora 18
Sponsored Link

仮想マシン作成#2
2013/01/22
 
テンプレートとしてとっておいたディスクイメージから新たな仮想マシンを作成します。
[1] 仮想マシン作成#1でテンプレートとしてとっておいた ディスクイメージと定義ファイルをコピーして新たな仮想マシンを作成します。
# テンプレート用ディスクイメージと定義ファイルを新たな仮想マシン用にコピー

[root@dlp ~]#
virt-clone --original template --name mail --file /var/kvm/images/mail.img

Allocating 'mail.img'
| 20 GB 01:44
Clone 'mail' created successfully.
[root@dlp ~]#
virsh start mail --console

Domain mail started
Connected to domain mail
Fedora release 18 (Spherical Cow)
Kernel 3.7.2-204.fc18.x86_64 on an x86_64 (ttyS0)
localhost login:
# 起動完了
[2] コピーして作成したゲストOSでは、ネットワークインターフェースのMACアドレスがコピー元のゲストOSの設定のままのため、 そのままではネットワークが起動しません。よって、ネットワーク設定を修正しておきます。
[root@localhost ~]#
cd /etc/sysconfig/network-scripts

[root@localhost network-scripts]#
vi ifcfg-eth0
# 「HWADDR」の行はコメントにする

# IPアドレスを固定設定にする場合は初期設定参照

UUID="ee677d14-6af6-470d-8e66-4e5b0e1006c4"
NM_CONTROLLED="yes"
NETBOOT="yes"
#
HWADDR="52:54:00:53:e5:26"
[root@dlp ~]#
systemctl restart network.service

関連コンテンツ
 
Tweet