Fedora 18
Sponsored Link

httpd インストール/設定
2013/01/24
 
httpd をインストールしてWebサーバーを構築します。 外部からも接続できるようにするのであれば、ルーターの設定で80番ポート宛てと443ポート宛ても通しておいてください。
[1] httpd インストール
[root@www ~]#
yum -y install httpd
# ウェルカムページ削除

[root@www ~]#
rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf

# Perlのシンボリックリンク作成

[root@www ~]#
ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl

[2] httpd の設定です。任意のディレクトリでCGIが使えるように設定します。 サーバーの名前等は自分の環境に置き換えて設定してください。
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# 86行目:管理者アドレス指定

ServerAdmin
root@srv.world
# 95行目:コメント解除しサーバー名指定

ServerName
www.srv.world:80
# 144行目:変更 ( CGIを有効にし、Indexes は削除 )

Options FollowSymLinks
ExecCGI
# 151行目:変更

AllowOverride
All
# 294行目:コメント解除しCGIとして扱うファイルの拡張子を追加

AddHandler cgi-script .cgi
.pl
# 最終行に追記

# サーバーの応答ヘッダ

ServerTokens Prod
# キープアライブオン

KeepAlive On
# ディレクトリ名のみでアクセスできるファイル名

DirectoryIndex index.html index.cgi index.php
[root@www ~]#
systemctl start httpd.service

[root@www ~]#
systemctl enable httpd.service

[3] HTMLテストページを作成して動作確認をします。作成したテストページにWebブラウザでアクセスして、以下のようなページが表示されればOKです。
[root@www ~]#
vi /var/www/html/index.html
<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;">
Test Page
</div>
</body>
</html>
[4] CGIテストページを作成して動作確認をします。作成したテストページにWebブラウザでアクセスして、以下のようなページが表示されればOKです。
[root@www ~]#
vi /var/www/html/index.cgi
#!/usr/local/bin/perl

print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html>\n<body>\n";
print "<div style=\"width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;\">\n";
print "CGI Test Page";
print "\n</div>\n";
print "</body>\n</html>\n";

[root@www ~]#
chmod 705 /var/www/html/index.cgi

 
Tweet