Fedora 15
Sponsored Link

スレーブサーバーとしての設定
2011/05/25
 
スレーブサーバーとしての設定を行います。設定は簡単で、マスターサーバー側の ゾーンファイルに設定をし、スレーブサーバー側の named.conf に設定を記述するだけです。
以下ではマスターサーバーを「dlp.srv.world」, 別ネットワークにいるスレーブサーバーを「ns.example.host」とした 場合の設定です。
[1] マスターサーバー側に設定を記述します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/named.conf
# ゾーン情報の転送を許可する範囲にセカンダリDNSを追記

allow-transfer { localhost;
172.16.0.85;
};
[root@dlp ~]#
vi /var/named/srv.world.wan
$TTL
86400

@
IN
SOA
dlp.srv.world. root.srv.world. (

# シリアル番号更新

2011052503
;Serial

3600
;Refresh

1800
;Retry

604800
;Expire

86400
;Minimum TTL

)
IN
NS
dlp.srv.world.

# ネームサーバー追加

IN
NS
ns.example.host.

IN
A
172.16.0.82

 
IN
MX 10
dlp.srv.world.
dlp
IN
A
172.16.0.82
[root@dlp ~]#
systemctl reload named.service
[2] スレーブサーバ側の設定です。
[root@ns ~]#
vi /etc/named.conf
# 外部向けの定義の中に設定を追記 (IPアドレスの部分は自身のDNSマスターサーバを指定)

zone "srv.world" {

type slave;

masters { 172.16.0.82; };

file "slaves/srv.world.wan";

notify no;

};
[root@ns ~]#
systemctl reload named.service

[root@ns ~]#
ls /var/named/slaves

srv.world.wan
# ゾーンファイルが転送されている
関連コンテンツ