Fedora 14
Sponsored Link

初期設定 #2
2010/11/23
  Web管理画面の設定をしておきます。

[1] ブラウザから「https://(フロントエンドのホスト名, またはIPアドレス):8443/」へアクセスします。 すると以下の画面になります。初期設定はユーザー名/パスワード共に「admin」となっているので、入力してログインします。
 
[2] ログインすると以下の画面になります。まずはadminパスワードを変更しておきます。 「Change Password」をクリックします。
 
[3] 旧パスワードと新パスワードを入力して「Change Password」をクリックします。
 
[4] 続いて管理者のメールアドレスを設定しておきます。「Edit Account Information」をクリックします。
 
[5] 「Email address」の欄に管理者のメールアドレスを入力し、「Update Record」をクリックします。
 
[6] 証明書を取得しておきます。「Download Certificate」ボタンをクリックしてローカルに保存します。
 
[7] 取得した証明書をインストールしておきます。クライアントPCから操作して保存した場合は、 FTPなりSFTPでサーバーにアップロードしておいてください。
[root@frontend ~]#
mkdir ~/.euca

[root@frontend ~]#
chmod 700 ~/.euca

[root@frontend ~]#
mv euca2-admin-x509.zip ~/.euca

[root@frontend ~]#
cd ~/.euca

[root@frontend .euca]#
unzip euca2-admin-x509.zip

Archive: euca2-admin-x509.zip
To setup the environment run: source /path/to/eucarc
  inflating: eucarc
  inflating: cloud-cert.pem
  inflating: jssecacerts
  inflating: euca2-admin-8b0219c4-pk.pem
  inflating: euca2-admin-8b0219c4-cert.pem
[root@frontend .euca]#
chmod 600 *

[root@frontend .euca]#
source eucarc

[root@frontend .euca]#
echo "source ~/.euca/eucarc" >> ~/.bashrc

[root@frontend .euca]#
[root@frontend ~]#
euca_conf -synckeys


INFO: We expect all nodes to have eucalyptus installed in / for key synchronization.
Trying rsync to sync keys with "10.0.0.30"...root.0.0.30's password:
done.
[root@frontend ~]#
euca-describe-availability-zones verbose

AVAILABILITYZONE
cluster01
10.0.0.20

AVAILABILITYZONE
|- vm types
free / max cpu ram disk

AVAILABILITYZONE
|- m1.small
0008 / 0008   1   128   2

AVAILABILITYZONE
|- c1.medium
0008 / 0008   1   256   5

AVAILABILITYZONE
|- m1.large
0004 / 0004   2   512  10

AVAILABILITYZONE
|- m1.xlarge
0004 / 0004   2   1024 20

AVAILABILITYZONE
|- c1.xlarge
0002 / 0002   4   2048 20

関連コンテンツ