Fedora 13
Sponsored Link

Fedora 13 インストール
2010/05/25
[1] Discをドライブに入れてコンピュータを起動します。以下の画面が出るので空Enterします。
 
[2] インストールメディアのチェック画面になります。長いので「Skip」します。カーソルキーで操作しEnterキーで決定です。
 
[3] マウスが使える状態になっていますので、「Next」をクリックして次へ進みます。
 
[4] インストール中の表示言語の選択画面になります。サーバー用途では日本語はあまり必要ないのでそのまま英語でいきます。
 
[5] キーボードの選択になります。使用しているキーボードのタイプを選んで「Next」をクリックします。
 
[6] インストールするストレージの選択になります。ローカルハードディスクにインストールする場合は「Basic Storage Devices」です。 通常はこちらで問題ないでしょう。 下側はストレージエリアネットワークやメインフレームに接続されたストレージ等、エンタープライズ向けの場合のみです。
 
[7] インストール先のハードディスクが購入直後等で空の場合は以下のような警告がでます。初期化するかどうかを聞いてきているので、 一番右の「Re-initialize all」のボタンをクリックして初期化します。 インストール先のハードディスクにすでに何かしらのパーティションがある場合は以下の警告は出ず、次の[8]へとびます。
 
[8] 設定したいホストネームを入力します。
 
[9] タイムゾーンを選択します。「System clock uses UTC」のチェックはここでははずしておきました。
 
[10] rootユーザーのパスワードを設定します。
 
[11] どのような方法でインストールするかを選択します。上から、「ディスク全体を使う」、「既存のLinuxシステムのみを置き換える」、 「現在あるシステムのパーティションを縮小し、空き領域を作って入れる」、「現在あるパーティションは全て残して空き領域へ入れる」、 「手動でパーティションレイアウトを設定」です。ここでは、ディスク全体を使って Fedora 13 をインストールすることにしますが、 いずれにしろ、パーティションレイアウトは手動で設定したいので、一番下の「Create Custom Layout」を選択して進めます。
 
[12] パーティションレイアウト変更画面です。ここではLVMベースのレイアウトにします。 もし元々何かのシステムを入れていれば、以下の画面にそのパーティションが表示されます。 何もなければ以下の画面のように、デフォルト設定が表示されます。 とりあえず、ボリュームグループの名前やパーティションレイアウトを変更したいので、「lv_root」、「lv_swap」、「vg_fedora」は 「Delete」ボタンで削除します。sda1は後で /boot を割り当てるのでそのまま残しておくことにします。
 
[13] 削除後に「Create」ボタンをクリックすると以下の画面になります。ここでLVMボリュームグループを作成するために、 「LVM Volume Group」を選択して「Create」ボタンをクリックします。
 
[14] 以下の画面になるので、「Volume Group Name」の欄に任意のボリュームグループ名を入力します。
 
[15] 右下の方の「Add」ボタンをクリックして論理ボリュームを作成します。以下の画面になるので割り当てたいマウントポイント、ファイルシステム、 論理ボリューム名、割り当てるディスク容量を入力して「OK」します。作成したいマウントポイント分これを繰り返します。
 
[16] 論理ボリュームの作成が全て終了したら右下の「OK」ボタンをクリックします。
 
[17] 元の画面に戻ってきて、sda1に /boot を割り当てておきます。「sda1」を選択して「Edit」ボタンをクリックすると以下の画面になるので、 マウントポイントに /boot を選択して「OK」します。
 
[18] 全て終了したら「Next」をクリックして次へ進みます。
 
  *参考までに各ディレクトリの構成です。パーティション分けを行う場合に考慮してください。
  • /usr
    直下の /usr/bin や /usr/sbin, /usr/local 等の多くのサブディレクトリに、主にユーザー用のコマンドや ライブラリ、ドキュメントが置かれます。各種ソフトウェアをインストールし、サーバーを実際に運用しはじめたあとは、 あまり変更する必要のないファイルが多いです。使用容量も、後からどんどんと新しいソフトウェアを入れない限りは、 変化は少ないです。

  • /var
    メール等のスプールや各種ログファイルが置かれます。 動的なファイルが多く、容量の変化が大きいです。

  • /home
    各ユーザーのホームディレクトリが置かれます。システムを使用するのが自分だけであれば容量をたくさん とる必要はないでしょうが、他にも使用ユーザーがいる場合は、人数や使い方によっては、容量を多くとる必要があります。

  • /tmp
    各種一時ファイルが置かれます。ここにさほどたくさんの容量を割り当てる必要はないです。

[19] 設定したパーティションをディスクに書き込むので既存データは失われるが よいかと言っています。よい場合は「Write Changes to Disk」をクリックし次へ進みます。
 
[20] ブートローダの設定です。デフォルトのまま「Next」へいきます。
 
[21] インストールするソフトウェアを選択します。 必要なものは後からインストールするとして、ここでは最低限必要な構成にしておきます。 「Minimal」を選択し、下段の「Customize now」にチェックを入れ、「Next」へ進みます。
 
[22] 詳細な選択画面に来ます。ここでは最小構成+「Development」-「Development Tools」のみチェックを入れて進めることにします。 Cコンパイラ等は後々何かをインストールするときにしばしば必要になるためです。 システムの構成が決まっていて、開発ツールが必要ないのがあらかじめ分かっているのであれば、ここを選択する必要はありません。
 
[23] インストールが開始し、進んでいきます。
 
[24] インストール終了です。「Reboot」をクリックして再起動します。
 
[25] インストールが終了して再起動すると、以下のようにログイン画面が表示されます。 root ユーザーとインストール中に登録したrootパスワードでログインします。 これでインストール完了です。
 
関連コンテンツ
 
Tweet