Fedora 13
Sponsored Link

DHCPサーバ-
2010/05/26
  DHCP ( Dynamic Host Configuration Protocol ) サーバーを構築し、 LAN内のクライアントにIPアドレスの自動割当を行えるようにします。 LAN内にDHCP機能を有効にしたルーター等がいる場合は無効にしておく必要があります。

[1] DHCPのインストールと設定
[root@dlp ~]#
yum -y install dhcp

[root@dlp ~]#
vi /etc/dhcp/dhcpd.conf


# 以下の内容で新規作成

# ドメイン名指定

option domain-name
"srv.world";


# ネームサーバーのホスト名, またはIPアドレス指定

option domain-name-servers
dlp.srv.world;


# デフォルト貸出期間

default-lease-time 600;

# 最大貸出期間

max-lease-time 7200;

# 正当な DHCP サーバーであることの宣言

authoritative;

# ネットワークアドレスとサブネットマスク指定

subnet 10.0.0.0 netmask 255.255.255.0 {
# 貸し出すIPアドレスの範囲指定

range dynamic-bootp 10.0.0.200 10.0.0.254;

# ブロードキャストアドレス指定

option broadcast-address 10.0.0.255;

# ゲートウェイアドレス指定

option routers 10.0.0.1;

}


[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/dhcpd start

Starting dhcpd:
[  OK  ]

[root@dlp ~]#
chkconfig dhcpd on
[2] DHCPクライアントの設定です。Windows XP を例にします。
「コントロールパネル」-「ネットワーク接続」を開き、設定したいネットワークのアイコンを右クリックし「プロパティ」 を選択して以下の画面を出し、以下のように「インターネットプロトコル」を選択した状態で、右下のプロパティボタンをクリックします。
 
[3] 以下のようにチェックを入れOKします。すると、ネットワークの再設定になり、IPアドレスの自動取得が始まります。
 
[4] ネットワークの再設定が終了し、状態を見てみると以下のようにIPアドレスが自動取得されています。
 
関連コンテンツ
 
Tweet