Fedora 12
Sponsored Link

Fedora 12 インストール
2010/05/24
[1] Discをドライブに入れてコンピュータを再起動します。以下の画面が出るので空Enterします。
 
[2] インストールメディアのチェック画面になります。長いので「Skip」します。カーソルキーで操作しEnterキーで決定です。
 
[3] マウスが使える状態になっていますので、「Next」をクリックして次へ進みます。
 
[4] インストール中の表示言語の選択画面になります。そのまま英語でいきます。
 
[5] キーボードの選択になります。使用しているキーボードを選んで「Next」をクリックします。
 
[6] 以下のような警告画面が出ます。「Re-initialize drive」を選択します。 HDの中身は失われますので注意してください。重要なデータがある場合は退避させておいてください。
 
[7] 設定したいホストネームを入力します。
 
[8] 下記画面のように「System clock uses UTC」のチェックをはずして、タイムゾーンを選択し「Next」へ進みます。
 
[9] rootユーザーのパスワードを設定し「Next」へ進みます。
 
[10] パーティションレイアウトを変更します。 「Review and modify partitioning layout」にチェックを入れ、「Next」へ進みます。
 
[11] パーティションレイアウト変更画面です。「Edit」ボタンをクリックしてやります。
 
[12] お好みで、ボリュームグループ名ををわかりやすいものに変更します。 下記画面では「VM」という名前に変更しています。さらに右下の方の「Edit」ボタンを押すと下記画面になります。 ここで、下記画面のように分けたいポイントを設定していきます。下記画面ではボリュームグループ「VM」 の中に論理ボリューム「root」を / パーティションとして約14GBの容量で作成しています。
 
  あとは上記手順と同様に、「Edit」ボタンや「Add」ボタンをクリックして、分けたいマウントポイントを 同じ要領でどんどんと分けていきます。ここの例では以下のようにとりあえず /home のみ分けてみました。
 
  *参考までに、各ディレクトリの構成です。
  • /usr
    直下の /usr/bin や /usr/sbin, /usr/local 等の多くのサブディレクトリに、主にユーザー用のコマンドや ライブラリ、ドキュメントが置かれます。各種ソフトウェアをインストールし、サーバーを実際に運用しはじめたあとは、 あまり変更する必要のないファイルが多いです。使用容量も、後からどんどんと新しいソフトウェアを入れない限りは、 変化は少ないです。

  • /var
    メール等のスプールや各種ログファイルが置かれます。 動的なファイルが多く、容量の変化が大きいです。

  • /home
    各ユーザーのホームディレクトリが置かれます。システムを使用するのが自分だけであれば容量をたくさん とる必要はないでしょうが、他にも使用ユーザーがいる場合は、人数や使い方によっては、容量を多くとる必要があります。

  • /tmp
    各種一時ファイルが置かれます。ここにさほどたくさんの容量を割り当てる必要はないです。

[13] 既存のパーティションをフォーマットするが良いかといっています。問題なければ「Format」をクリックします。
 
[14] 設定したパーティションをディスクに書き込むので既存データは失われるが よいかと言っています。よい場合は「Write Changes to Disk」をクリックし次へ進みます。
 
[15] ブートローダの設定です。デフォルトのまま「Next」へいきます。
 
[16] インストールするソフトウェアを選択します。 必要なものは後からインストールするとして、ここでは最低限必要な構成にしておきます。 上段のリストについているチェックをはずし、下段の「Customize now」にチェックを入れ、「Next」へ進みます。
 
[17] 詳細な選択画面に来ます。とりあえず元から入っているチェックは全てはずします。 まず、入れるところは下記のように「Development」-「Development Tools」です。 Cコンパイラ等は後々よく必要になるのでこれは今入れておきます。
 
[18] 「Base System」 - 「Base」にチェックを入れます。そして「Next」をクリックです。
 
[19] インストールが自動進行していくのでしばらくは静観します。
 
[20] インストール終了です。「Reboot」をクリックして再起動します。
 
[21] インストールが終了して再起動すると、以下のようにログイン画面が表示されます。 root ユーザーとインストール中に登録したrootパスワードでログインします。 これでインストール完了です。
 
関連コンテンツ
 
Tweet