Fedora 12
Sponsored Link

SSL 設定
2010/06/13
  httpd インストール時に mod_ssl も インストールしておいたので、SSLによる暗号化通信ができるよう設定しておきます。

[1] まずはこちらを参照してSSL証明書を作成しておきます。

[2] Httpd に SSL用の設定をします。
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf


# 78行目:行頭の#を削除

DocumentRoot "/var/www/html"

# 79行目:#を削除しサーバー名指定

ServerName
www1.srv.world:443


# 106行目:証明書指定

SSLCertificateFile
/etc/pki/tls/certs/server.crt


# 113行目:秘密鍵指定

SSLCertificateKeyFile
/etc/pki/tls/certs/server.key


[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:
[ OK ]

Starting httpd:
[ OK ]

前項で作ったテストページに https でアクセスして確認してみます。独自証明書なので、IE8では以下のような警告が出ますが、 証明書がブラウザにインストールされていないというだけで全く問題ないので、 「このサイトの閲覧を続行する (推奨されません)。 」をクリックして先へ進みます。
 
「はい」をクリックすると以下のように正常にアクセスすることができます。
 
証明書をインストールして信頼済みにし、警告が出ないようにするには、以下のように「証明書のエラー」 をクリックして「証明書の表示」をします。
 
「証明書のインストール」をクリックしてインストールします。
 
関連コンテンツ