Fedora 12
Sponsored Link

ファイアウォール
2010/05/24
[1] ファイアウォールはルーターで有効にしているため、ホスト側ではとめます。 ルーティングは専門のルーターにまかせといてよいでしょう。
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/iptables stop

iptables: Flushing firewall rules:
[ OK ]

iptables: Setting chains to policy ACCEPT: filter
[ OK ]

iptables: Unloading iptables modules:
[ OK ]

[root@dlp ~]#
chkconfig iptables off

[root@dlp ~]#
chkconfig ip6tables off

SELinux 無効化
[2] SELinux (Security-Enhanced Linux)は無効にしておきます。 無効にしたからといってセキュリティ的に問題になることはないため、ひとまずおいておくことにします。
[root@dlp ~]#
vi /etc/sysconfig/selinux


# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#
enforcing - SELinux security policy is enforced.

#
permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.

#
disabled - SELinux is fully disabled.

SELINUX=
disabled
# 修正

# SELINUXTYPE= type of policy in use. Possible values are:
#
targeted - Only targeted network daemons are protected.

#
strict - Full SELinux protection.

SELINUXTYPE=targeted
関連コンテンツ
 
Tweet