Fedora 11
Sponsored Link

アクセス権付の共有フォルダ作成
2009/06/14
  ユーザー認証が必要なアクセス権付の共有フォルダを作ります。 小規模なグループでフォルダ共有する場合は前項の設定でよいでしょうが、 大規模になると、いくら内部とはいえ誰が何をするか分からないためアクセス権を付けます。

以下の例では 'security' というグループを作成し、 共有フォルダへはそのグループに属するユーザーのみがアクセスできるようにしています。

[1] Samba の設定をします。
[root@lan1 ~]#
groupadd security

[root@lan1 ~]#
mkdir /home/security

[root@lan1 ~]#
chgrp security /home/security

[root@lan1 ~]#
chmod 2770 /home/security

[root@lan1 ~]#
vi /etc/samba/smb.conf


# 102行目:変更

security =
user


# 最終行に以下7行追記

[Security]
# テキトーに好きな名前指定

   path = /home/security
   writable = yes
   create mode = 0770
   directory mode = 0770
   share modes = yes
   guest ok = no
# ゲストは不許可

   valid users = @security
# security グループのみ許可


[root@lan1 ~]#
/etc/rc.d/init.d/smb restart

Shutting down SMB services:
[  OK  ]

Starting SMB services:
[  OK  ]

[root@lan1 ~]#
smbpasswd -a fedora

New SMB password:
# パスワード設定

Retype new SMB password:
Added user fedora.
[root@lan1 ~]#
vi /etc/group


security:x:502:
fedora
# 追記
[2] クライアントのWindows側での設定です。まずは以下のように 「マイコンピュータ」-「ネットワークドライブの割り当て」をクリックします。
 
[3] 「\サーバー名共有フォルダ名」と指定します。
 
[4] パスワードの入力を求められます。[1] で設定した Samba 用のパスワードを入力します。
 
[5] アクセスできました。
 
関連コンテンツ