Fedora 11
Sponsored Link

ゲストOSインストール
2009/06/13
  ゲストOSのインストールです。ここではホストOSと同じFedora 11をインストールしてみます。 X環境導入済みが前提です。

[1] まずはゲストOSを格納するイメージファイルを作成し、その後にXを起動します。
[root@dlp ~]#
mkdir /var/kvm

[root@dlp ~]#
qemu-img create -f qcow2 /var/kvm/www.img 30G

Formating '/var/kvm/www.img', fmt=qcow2, size=20971520 kB
[root@dlp ~]#
[2] X起動後、ターミナルを立ち上げ、QEMUを起動します。以下で指定しているISOファイルは 前もってダウンロードしてきておいたものです。インストールディスクを使用する場合は、 ディスクをドライブに入れて「/dev/cdrom」と指定すればOKです。
[root@dlp ~]# cd /var/kvm
[root@dlp kvm]# qemu-kvm -m 512 -cdrom /var/kvm/iso/Fedora-11-x86_64-DVD.iso -hda www.img

# -m メモリ容量の指定
# -hda ディスクイメージの指定

[3] 以下のようにインストーラが起動します。後は通常のインストール手順と同様に進めていくだけです。 インストールが終了するといつもの再起動画面が出て、クリックをすると再起動されシステムが立ち上がります。
 
[4] 停止状態からゲストOSを立ち上げるには、ターミナルから以下のコマンドを入力して立ち上げます。
[root@dlp ~]# cd /var/kvm
[root@dlp kvm]# qemu-kvm -m 512 -hda www.img -daemonize

# -m メモリ容量の指定
# -hda ディスクイメージの指定
# -daemonize デーモン化

  正常に起動できました。
 
関連コンテンツ
 
Tweet