Debian 8 Jessie
 

iSCSIターゲットの設定
2015/05/06
 
iSCSI によるストレージサーバーの構築です。
ネットワーク上のストレージを iSCSI ターゲット、iSCSI ターゲットに接続するクライアントを iSCSI イニシエータと呼びます。
ここでは以下のような環境を例に iSCSI ストレージサーバーを構築します。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [   iSCSI Target   ] |10.0.0.30 | 10.0.0.31| [ iSCSI Initiator  ] |
|     dlp.srv.world    +----------+----------+   client.srv.world   |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

[1] 管理ツールをインストールします。
root@dlp:~#
aptitude -y install iscsitarget iscsitarget-dkms
[2] iSCSI ターゲットの設定です。
例として /iscsi_disks ディレクトリ内にディスクイメージを作成し、SCSI デバイスとして共有できるよう設定します。
# ディスクイメージ作成

root@dlp:~#
mkdir /iscsi_disks

root@dlp:~#
dd if=/dev/zero of=/iscsi_disks/disk01.img count=0 bs=1 seek=80G
root@dlp:~#
vi /etc/default/iscsitarget
# 変更

ISCSITARGET_ENABLE=
true
root@dlp:~#
vi /etc/iet/ietd.conf
# 最終行に追記

# 複数デバイスを提供する場合は以下の<target>~</target>を増やして同じ要領で設定する

# 命名規則:[ iqn.年-月.ドメイン名の逆:任意の名前 ]

Target iqn.2015-05.world.srv:target00
   
# iSCSIターゲットとして提供するデバイス

    Lun 0 Path=/iscsi_disks/disk01.img,Type=fileio
   
# 接続を許可するiSCSIイニシエータのIPアドレス

    initiator-address 10.0.0.31
   
# 接続を許可する際の認証情報 ( username, password は任意のものを設定)

    incominguser username password
root@dlp:~#
systemctl restart iscsitarget
# 状態確認

root@dlp:~#
ietadm --op show --tid=1

Wthreads=8
Type=0
QueuedCommands=32
NOPInterval=0
NOPTimeout=0
 
Tweet