Debian 7.0
Sponsored Link

Debian GNU/Linux 7.0 Wheezy インストール
2013/05/06
[1] 作成したインストールディスクをドライブに入れてコンピュータを再起動します。 すると以下の画面になるので、Install を選択してEnterします。 通常のテキストインストールとグラフィカルインストールがありますが、ここでは視覚的に分かりやすいグラフィカルインストールで進めていきます。
[2] インストール中の言語選択画面です。そのまま英語で進めていきます。
[3] タイムゾーンに適用されるロケーションを選択します。
[4] ロケールの選択です。ここで選択したものがシステムデフォルトになります。 サーバー用途で使うのに日本語は必要ないので、en_US.UTF-8で進めます。
[5] キーボードタイプを選択します。
[6] このサーバーに割り当てるホスト名を入力します。任意の名前をつけてください。
[7] ドメイン名を入力します。インターネットで使用するなら契約したドメイン名、LAN内専用であれば任意の名前を付けてください。
[8] rootパスワードの設定です。任意のパスワードを設定してください。
[9] 一般ユーザーの登録です。任意の名前(フルネーム)を入力します。
[10] 先に入力したユーザーのシステムで使用されるユーザー名を設定します。
[11] 先に入力したユーザーのパスワードを設定します。
[12] パーティションの設定です。ここではディスク全体を使って、パーティションレイアウトはガイドに従ってLVMで設定するように2番目を選択します。
[13] パーティションを作成するディスクの選択です。 以下のようにディスクが1台しか接続されていない場合は選択の余地はなくそのままEnterすれば良いですが、 複数台接続している場合は選択して次へ進んでください。
[14] パーティション構成の選択です。好みや用途に応じて選択してください。 ここでは1番上を選択して進めます。
[15] ディスク内を変更して、LVMを設定してよいかの確認です。よければ「Yes」を選択して次へ進みます。
[16] パーティションの構成の確認です。これで良い場合は「Yes」を選択して次へ進みます。
[17] ディスクを変更してよいかの最終確認です。よければ「Yes」を選択して次へ進みます。
[18] ベースシステムのインストールが進行したあと、追加のCD/DVDをスキャンするか問われます。 必要の応じて進めてください。
[19] ネットワークミラーを使うかどうかの選択です。ここでは「Yes」で進めます。
[20] ミラーサイトの地域を選択します。
[21] ミラーサイトを選択します。
[22] プロキシを使う場合は入力します。必要ない場合はブランクのまま「Continue」でOKです。
[23] 匿名でのパッケージ利用状況の調査に協力するかの選択です。 「Yes」を選択して協力してあげましょう。
[24] インストールするソフトウェアのグループを選択します。 必要なものは後ほど都度入れるとして、まずは最小構成で入れておきます。 何もチェックを入れずそのまま次へ進みます。
[25] GrubブートローダをMBRに書き込んでよいかの確認です。「Yes」を選択して次へ進みます。
[26] インストール終了です。ディスクを取り出して「Continue」です。その後自動的にシステムが再起動します。
[27] システムが起動しログインプロンプトが表示されます。 インストール中に設定したユーザー名とパスワードでログインしてください。
関連コンテンツ