Debian 6.0
Sponsored Link

WebDAVの設定
2011/03/10
  WebDAVを利用したファイルサーバーの設定です。

[1] 例として /home ディレクトリ直下に、ユーザー認証が必要な「security」というフォルダを作成してSSL経由のみで利用できるようにします。
root@www:~#
aptitude -y install libapache2-mod-encoding


root@www:~#
mkdir /home/security

root@www:~#
chown www-data. /home/security

root@www:~#
chmod 770 /home/security

root@www:~#
vi /etc/apache2/conf.d/webdav.conf


Alias /share /home/security
<Location /share>
   DAV On
   SSLRequireSSL
   Options None
   AuthType Basic
   AuthName WebDAV
   AuthUserFile /etc/apache2/conf.d/.htpasswd
   <LimitExcept GET OPTIONS>
       Order allow,deny
       Allow from 10.0.0.    
# アクセス元許可リスト

       Require valid-user
   </LimitExcept>
</Location>


root@www:~#
vi /etc/apache2/mods-available/encoding.conf


# 新規作成

EncodingEngine on
SetServerEncoding UTF-8
DefaultClientEncoding UTF-8 CP932 EUCJP-MS
AddClientEncoding "Microsoft .* DAV 1.1" ASCII CP932 UTF-8
AddClientEncoding "Microsoft .* DAV" UTF-8 CP932
AddClientEncoding "(Microsoft .* DAV $)" UTF-8 CP932
AddClientEncoding "(Microsoft .* DAV 1.1)" CP932 UTF-8
AddClientEncoding "Microsoft-WebDAV*" UTF-8 CP932
AddClientEncoding "RMA/*" CP932
AddClientEncoding "xdwin9x/" CP932
AddClientEncoding "cadaver/" UTF-8 EUCJP-MS
AddClientEncoding "Mozilla/" EUCJP-MS


root@www:~#
a2enmod dav* encoding

Enabling module dav.
Considering dependency dav for dav_fs:
Module dav already enabled
Enabling module dav_fs.
Enabling module dav_lock.
Enabling module encoding.
Run '/etc/init.d/apache2 restart' to activate new configuration!
root@www:~#
htpasswd -c /etc/apache2/conf.d/.htpasswd squeeze

New password:    
# パスワード設定

Re-type new password:    
# 再入力

Adding password for user squeeze
root@www:~#
/etc/init.d/apache2 restart

Restarting web server: apache2 ... waiting .
[2] クライアント側の設定です。Windows 7 を例にします。DAVクライアントをインストールして使うことにします。

(1) 以下のサイトから CarotDAV をダウンロードしてインストールします。
http://rei.to/carotdav.html

インストール後、起動すると以下の画面になるので、右上の「Add」ボタンをクリック後「WebDAV」を選択します。
 
(2) 「Setting Name」には任意の名前を、他は [1] で設定したURI、ユーザー名、パスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
 
(3) 「Connect」ボタンをクリックします。
 
(4) 独自証明書なのでいつもの警告がでますが、自分で作っているので問題ないため「Ignore」をクリックして次へ進みます。
 
(5) アクセスできました。
 
関連コンテンツ
 
Tweet