Debian 6.0
Sponsored Link

ユーザーのホームディレクトリ領域を使えるようにする
2011/03/10
  一般ユーザーが自身のホームディレクトリ内に置いたファイルをWebサイトとして公開できるようにします。

[1] 任意のディレクトリでCGI/PHPが実行可能なように設定します。
root@www:~#
a2enmod userdir

Enabling module userdir.
Run '/etc/init.d/apache2 restart' to activate new configuration!
root@www:~#
vi /etc/apache2/mods-enabled/userdir.conf


# 6,7行目:変更

AllowOverride
All

Options
ExecCGI


root@www:~#
vi /etc/apache2/mods-enabled/php5.conf


# 13行目:コメント化

#
php_admin_value engine Off

root@www:~#
/etc/init.d/apache2 restart

Restarting web server: apache2 ... waiting .
[2] 一般ユーザーでCGIテストページを作成してみて動作確認をします。ページが表示されればOKです。
squeeze@www:~$
mkdir public_html

squeeze@www:~$
cd public_html

squeeze@www:~/public_html$
vi index.cgi


#!/usr/local/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print <<"EOM";
<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;">
Squeeze's Home
</div>
</body>
</html>
EOM
exit;


squeeze@www:~/public_html$
chmod 705 index.cgi

 
[3] 一般ユーザーでPHPテストページを作成してみて動作確認をします。ページが表示されればOKです。
squeeze@www:~/public_html$
vi index.php


<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align:center;">
Squeeze's Home<br />
<?php
    print Date("Y/m/d");
?>
</div>
</body>
</html>
 
関連コンテンツ
 
Tweet