Debian 5.0
Sponsored Link

ゲストOS追加(ネットワークインストール)
2009/03/23
[1] ゲストOS用のシステムをネットワーク経由でインストールして構築します。 インストールメディアがない場合や手っ取り早く作成するにはよいかもしれません。 この方法でも(6)ゲストOSの追加の項と同様、イメージファイルとして作成されます。
dlp:~#
vi /etc/xen-tools/xen-tools.conf


# 45行目: コメント解除し、ゲストOSのイメージファイル格納場所指定

dir =
/var/xen


# 128行目: ゲストOSの設定変更

size =
10Gb
# ディスク容量指定

memory =
1024Mb
# メモリ容量指定

swap =
1024Mb
# スワップ容量指定

# noswap = 1
# Don't use swap at all for the new system.

fs = ext3
# use the EXT3 filesystem for the disk image.

dist =
lenny
# インストールするOS指定

image = sparse # Specify sparse vs. full disk images.

# 163行目: ネットワーク設定変更(全てコメント解除する)

gateway = 192.168.0.1
netmask = 255.255.255.0
broadcast = 192.168.0.255

# 208行目: コメント解除し利用しているアークテクチャに変更

arch=
amd64


# 214行目: 利用するミラーサイト変更

mirror =
http://ftp.jp.debian.org/debian/


dlp:~#
mkdir /var/xen

# ゲストOSのIPアドレスとホスト名を指定してイメージ作成

dlp:~#
xen-create-image --ip 192.168.0.21 --hostname www1


WARNING
-------

You appear to have a missing vif-script, or network-script, in the
Xen configuration file /etc/xen/xend-config.sxp.

Please fix this and restart Xend, or your guests will not be able
to use any networking!

General Information
--------------------
Hostname
: www1

Distribution
: lenny

Partitions
: swap 1024Mb (swap)

 
  / 10Gb (ext3)

Image type
: sparse

Memory size
: 1024Mb

Kernel path
: /boot/vmlinuz-2.6.26-1-xen-amd64

Initrd path
: /boot/initrd.img-2.6.26-1-xen-amd64


Networking Information
----------------------
IP Address 1
: 192.168.0.21 [MAC: 00:16:3E:A9:8C:5B]

Netmask
: 255.255.255.0

Broadcast
: 192.168.0.255

Gateway
: 192.168.0.1


Creating partition image: /var/xen/domains/www1/swap.img
Done

Creating swap on /var/xen/domains/www1/swap.img
Done

Creating partition image: /var/xen/domains/www1/disk.img
Done

Creating ext3 filesystem on /var/xen/domains/www1/disk.img
Done
Installation method: debootstrap
Done

Running hooks
Done

No role scripts were specified. Skipping

Creating Xen configuration file
Done
All done

Logfile produced at:
    /var/log/xen-tools/www1.log

dlp:~#
vi /etc/xen/www1.cfg


# 最終行に追記

extra='xencons=tty clocksource=jiffies'


dlp:~#
xm create -c www1.cfg


# 起動メッセージ表示後、以下のようなログインプロンプトが出ればゲストOS起動成功

Debian GNU/Linux 5.0 www1 tty1

www1 login:
関連コンテンツ