Debian 5.0
Sponsored Link

ゲストOSインストール
2009/03/31
  ゲストOSのインストールです。ここではホストOSと同じ Debian 5.0 lenny をインストールしてみます。 X環境導入済みが前提です。

[1] まずはゲストOSを格納するイメージファイルを作成します。
dlp:~#
mkdir /var/kvm

dlp:~#
qemu-img create -f qcow2 /var/kvm/www.img 30G

Formating '/var/kvm/www.img', fmt=qcow2, size=20971520 kB
[2] ターミナルからQEMUを起動します。以下で指定しているISOファイルは 前もってダウンロードしてきておいたものです。インストールディスクを使用する場合は、 ディスクをドライブに入れて「/dev/cdrom」と指定すればOKです。 また「-vnc :2」としたのは、私の環境ではこのオプションをつけないとうまく立ち上がらなかったためです。
dlp:~# cd /var/kvm
dlp:~# kvm -m 512 \
-cdrom /var/kvm/iso/debian-500-amd64-CD-1.iso \
-hda www.img -boot d -vnc :2

# -m メモリ容量の指定
# -hda ディスクイメージの指定
# -vnc :VNCディプレイ番号

[3] VNCで指定したディスプレイ番号に接続すると、以下のようにインストーラが起動しています。 後は通常のインストール手順と同様に進めていくだけです。
 
[4] インストール後は、ターミナルから以下のコマンドを入力して、インストールした Debian 5.0 を立ち上げます。
dlp:~# cd /var/kvm
dlp:~# qemu-kvm -m 512 -hda www.img -vnc :2

# -m メモリ容量の指定
# -hda ディスクイメージの指定
# -vnc :VNCディプレイ番号

  VNCで接続すると、正常に起動できていることが分かります。
 
関連コンテンツ