Debian 4.0
Sponsored Link

ゲストOSに Fedora 7
2008/08/24
  本稼動のシステムに異なるOSを使うのは意味がないですが、まあ、試験的な意味で、 ゲストOSに Fedora 7 を入れてみます。パラバーチャライゼーション(準仮想化)環境でも動作するかどうかの実験です。 結果としては、まあ、同じLinuxなので、準仮想化環境でも問題なく起動・動作しました。 ( とはいえ、autofs 等、一部のデバイスに近いところのアプリは動作しませんでした。 まあ、デスクトップ用途ならば不便もあるかもしれませんが、サーバー用途では必要のないものばかりです。)

[1] Fedora 7 インストールメディアを用意し、ディスクをドライブに入れ、システムを再起動します。 以下の画面が出るので空Enterします。
 
[2] 言語やキーボードを選択してくると以下のような画面になります。 「Install Fedora」を選択して「Next」をクリックします。
 
[3] 下記画面のように「Create custom layout」を選択して「Next」へいきます。
 
[4] パーティションレイアウトの画面にきます。「Xen」を選択した状態で「Edit」をクリックします。
 
[5] 右の方の「Add」ボタンをクリックすると以下の画面になります。 ここでゲストOS用のパーティションを新たに追加していきます。
 
[6] /boot パーティションを作成しないと次に進めないため、ダミーで作成します。 ベースシステムの /boot パーティションだったところにあわせて「Edit」ボタンを押し、 新たに /boot とします。「OK」を押した後は「Do not Fromat」を押して下記画面のようにします。 フォーマットはしないように気をつけてください。
 
  最終的なパーティションレイアウトは以下のようになりました。
 
[7] ブートローダーの設定画面です。「No boot loader will be installed」を選択して「Next」へいきます。 インストールする方を選ぶと、ベースシステムのブートローダーが上書きされてしまうので注意してください。
 
[8] ネットワークの設定です。IPアドレスはホストOSとは違うものにします。
 
[9] タイムゾーンの選択です。 下記画面のように「System clock uses UTC」のチェックをはずして、タイムゾーンを選択し「Next」へ進みます。
 
[10] rootユーザーのパスワードを設定し「Next」へ進みます。
 
[11] インストールするソフトウェアを選択します。必要なものは後からインストールするとして、 ここでは最低限必要な構成にしておきます。上段のリストについているチェックをはずし、下段の 「Customize now」にチェックを入れ、「Next」へ進みます。
 
[12] 詳細な選択画面に来ます。とりあえず元から入っているチェックは全てはずします。 まず、入れるところは下記のように「Development」-「Development Tools」です。 後々必要になるのでこれは今入れておきます。
 
[13] 「Base System」 - 「Base」にチェックを入れます。さらに右下の方の「Optional packages」ボタンを押します。
 
[14] 下記画面のように「bridge-utils」にチェックを入れ「Close」し、「Next」へいきます。
 
[15] インストールを開始してよければ「Next」へ進みます。
 
[16] インストールが自動進行していくのでしばらくは静観します。 退屈なのでサザエさんでも見てましょう。\(^0^)/
 
[17] インストール終了です。「Reboot」をクリックし、システムを起動しなおします。
 
[18] システム再起動後は以下のようにしてゲストOSの設定です。他の分と手順は同じです。
ns:~#
mount /dev/Xen/Fedora00 /mnt

ns:~#
cd /lib/modules

ns:/lib/modules#
cp -a 2.6.18-4-xen-686 /mnt/lib/modules/

ns:/lib/modules#
cd

ns:~#
vi /mnt/etc/fstab


# デフォルトでは以下のようにホストOSの環境に合わせてある

/dev/Xen/Fedora00
/
ext3
defaults
1 1

LABEL=/boot
/boot
ext3
defaults
1 2

devpts
/dev/pts
devpts
gid=5,mode=620
0 0

tmpfs
/dev/shm
tmpfs
defaults
0 0

proc
/proc
proc
defaults
0 0

sysfs
/sys
sysfs
defaults
0 0

/dev/Xen/Host01
swap
swap
defaults
0 0

/dev/Xen/www01
swap
swap
defaults
0 0

/dev/Xen/Fedora01
swap
swap
defaults
0 0


# 以下のようにゲストOSの環境用に変更

/dev/hda1
/
ext3
defaults
1 1

devpts
/dev/pts
devpts
gid=5,mode=620
0 0

tmpfs
/dev/shm
tmpfs
defaults
0 0

proc
/proc
proc
defaults
0 0

sysfs
/sys
sysfs
defaults
0 0

/dev/hda2
swap
swap
defaults
0 0


ns:~#
vi /mnt/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0


# Broadcom Corporation NetXtreme BCM5751 Gigabit Ethernet PCI Express
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.0.255
#
HWADDR=00:13:72:0F:00:80
# コメント化

IPADDR=192.168.0.30
IPV6ADDR=
IPV6PREFIX=
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.0.0
ONBOOT=yes

ns:~#
vi /mnt/etc/sysconfig/selinux


# 6行目:変更

SELINUX=
disabled


ns:~#
vi /mnt/etc/ld.so.conf.d/libc6-xen.conf


# 記述

hwcap 0 nosegneg


ns:~#
umount /mnt

ns:~#
cp /etc/xen/lan /etc/xen/fedora7

ns:~#
vi /etc/xen/fedora7


# 以下のように変更

kernel
= "/boot/vmlinuz-2.6.18-4-xen-686"

ramdisk
= "/boot/initrd.img-2.6.18-4-xen-686"

memory
= "512"

name
= "
fedora7
"

vcpus
= "2"

nicks
= "1"

vif
= [ 'mac=00:16:3e:00:00:
20
,bridge=xenbr0' ]

disk
= [ 'phy:Xen/
Fedora00
,hda1,w',

'phy:Xen/
Fedora01
,hda2,w' ]
root
= "/dev/hda1 ro"


ns:~#
xm create -c fedora7


# 起動メッセージ表示後、以下のようなログインプロンプトが出ればゲストOS起動成功

Fedora release 7 (Moonshine)
Kernel 2.6.18-4-xen-686 on an i686

fedora login:

# 起動直後、以下のようなメッセージが際限なく出るので、ログインして以下のように対処

printk: 170 messages suppressed.
4gb seg fixup, process pcscd (pid 1266), cs:ip 73:00bbd8b6

[root@fedora ~]#
ldconfig

[root@fedora ~]#
reboot


fedora login:
# 正常に起動
関連コンテンツ
 
Tweet