Debian 4.0
Sponsored Link

Xenインストール
2008/08/24
  Xenをインストールし、ドメイン0となるシステムを設定します。 「ドメイン0」とは VMware でいう「ホストOS」に相当するもので、 「ドメインU」とは VMware でいう「ゲストOS」に相当するものです。 Xen には正確には「ホストOS」というものはなく、Xen そのものがハードウェア上で直接動作します。

このサイトでは説明の都合上、分かりやすく 「ドメイン0」は「ホストOS」, 「ドメインU」は「ゲストOS」と表記していきます。
# まずは必要そうなものをまとめてインストールする

ns:~#
aptitude install bridge-utils make gcc python-dev python-twisted iproute libcurl3 libcurl3-dev transfig tgif initrd-tools


##### 大量のパッケージがインストールされる #####


ns:~#
aptitude install xen-linux-system-2.6.18-4-xen-686


##### 大量のパッケージがインストールされる #####


ns:~#
vi /etc/xen/xend-config.sxp


# 18行目:コメント解除して変更

(xend-unix-server
yes
)

# 23行目:コメント解除

(xend-unix-path /var/lib/xend/xend-socket)

# 71行目:コメント解除

(network-script network-bridge)

# 87行目:コメント化

#
 (network-script network-dummy)

ns:~#
vi /boot/grub/menu.lst


# 118行目あたりからはじまる以下6行のkernelセクションに割り当てるメモリ容量追記

title
Xen 3.0.3-1-i386-pae / Debian GNU/Linux, kernel 2.6.18-4-xen-686

root
(hd0,0)

kernel
/xen-3.0.3-1-i386-pae.gz
dom0_mem=512M

module
/vmlinuz-2.6.18-4-xen-686 root=/dev/mapper/Xen-Host00 ro console=tty0

module
/initrd.img-2.6.18-4-xen-686

savedefault

ns:~#
reboot


ns:~#
xm list

Name
ID Mem(MiB) VCPUs State Time(s)

Domain-0
0
512
2
r-----
12.6
関連コンテンツ