Debian 4.0
Sponsored Link

デスクトップ環境の導入
2008/08/25
  サーバーにデスクトップ環境は必要ないのですが、 まあ、サーバーの資源があまっていれば、お遊びで入れてみたらいいかもしれません。

[1] インストール時に最小限のものしか入れなかったため、新たにインストールしなければなりません。
ns:~#
aptitude -y install xserver-xorg gnome gdm scim-anthy language-env


##### 大量のパッケージがインストールされる #####
[2] インストールが終わったら、一旦一般ユーザーになり、そのユーザー用の設定をして、Xを起動します。 ここの例では以下のようにセッティングしましたが、ここは好みで設定してください。
debian@ns:~$
set-language-env

1 : be (Bielaruskaja,Belarusian)
2 : bg (Bulgarian)
3 : ca (Catala,Catalan)
4 : da (Dansk,Danish)
5 : de (Deutsch,German)
6 : es (Espanol,Spanish)
7 : fr (Francais,French)
8 : ja (Nihongo,Japanese)
9 : ko (Hangul,Korean)
10 : lt (Lietuviu,Lithuanian)
11 : mk (Makedonski,Macedonian)
12 : pl (Polski,Polish)
13 : ru (Russkii,Russian)
14 : sr (Srpski,Serbian)
15 : th (Thai)
16 : tr (Turkce,Turkish)
17 : uk (Ukrajins'ka,Ukrainian)
Input number >
8

パッケージ一覧を取得しています...
Canna サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで Canna サーバーが動いていますか [y/N]
n

Wnn サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで Wnn サーバーが動いていますか [y/N]
n

SKK サーバーが動いていません。
ネットワークのどこか別のコンピュータで SKK サーバーが動いていますか [y/N]
n

Anthy が動いています。
PRIME が動いていません。
日本語には関係のない様々な設定を行いますか [Y/n]
y


------- /home/debian/.Xresources --------
X Window System で動くプログラムの設定です。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...
新しいファイル "/home/debian/.Xresources" を作ります...

------- /home/debian/.bash_profile --------
bash 使用時に、ログイン時に実行されます。
単に、.bashrc を実行するだけの内容です。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...

------- /home/debian/.bashrc --------
bash が起動するときに実行されます。
さまざまな設定をしているので、目を通しておいてください。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...

------- /home/debian/.canna --------
Canna の設定です。

設定を行いますか [Y/n]
n

設定しません。

------- /home/debian/.cshrc --------
csh が起動するときに実行されます。
さまざまな設定をしているので、目を通しておいてください。

設定を行いますか [Y/n]
n

定しません。

------- /home/debian/.emacs --------
emacs の設定です。
emacs20, emacs21 に対応しています。
xemacs21 は、.xemacs/init.el で設定します。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...
Canna の状態: 使えません。
Wnn の状態: 使えません。
SKK の状態: 使えません。
Anthy の状態: ローカル
PRIME の状態: 使えません。
emacs では、漢字変換にはどれを使いますか 1=Canna 2=Wnn 3=SKK 4=Anthy 5=PRIME 6=none (1..6, [Enter]=4)
4

Anthyのemacsでの入力方式としてどれを使いますか 1=anthy-el 2=Egg (1..2, [Enter]=1)
1

新しいファイル "/home/debian/.emacs" を作ります...

------- /home/debian/.inputrc --------
bash など、readline ライブラリを用いたプログラムの設定です。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...
新しいファイル "/home/debian/.inputrc" を作ります...

------- /home/debian/.xsession --------
xdm を使って X Window System にログインしたときに実行されます。
また、startx や xinit を使って X を起動したときにも実行されます。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...
新しいファイル "/home/debian/.xsession" を作ります...

------- /home/debian/.xemacs/init.el --------
xemacs21 の設定です。

設定を行いますか [Y/n]
y

設定します...
Canna の状態: 使えません。
Wnn の状態: 使えません。
SKK の状態: 使えません。
Anthy の状態: ローカル
PRIME の状態: 使えません。
emacs では、漢字変換にはどれを使いますか 1=Canna 2=Wnn 3=SKK 4=Anthy 5=PRIME 6=none (1..6, [Enter]=4)
4

新しいファイル "/home/debian/.xemacs/init.el" を作ります...
--------------------
設定が終了しました。設定を有効にするには、一度ログアウト
してから再びログインしてください。
それぞれのドットファイルを読んで、どのように変更されたか
確認してください。気に入らない設定は、直接変更するか、
'language-env end' 以降の行に再設定を書き加えてください。
詳しくは /usr/share/doc/language-env/README.ja.eucJP.gz を
参照して下さい。

以下に示すパッケージをインストールして下さい。
uim-anthy, uim-xim, ja-trans, manpages-ja, jless, tcsh-kanji, doc-debian-ja, doc-linux-ja-text, anthy-el

以下のロケールをインストールしてください。
(/etc/locale.gen を編集し、locale-gen を実行する)
ja_JP.eucJP ("ja_JP.EUC-JP EUC-JP" in /etc/locale.gen)

[Enter] キーを押してください。終了します。

debian@ns:~$
su -

Password:
ns:~#
aptitude -y install uim-anthy uim-xim ja-trans manpages-ja jless tcsh-kanji doc-debian-ja doc-linux-ja-text anthy-el


ns:~#
vi /etc/locale.gen


ja_JP.UTF-8 UTF-8
# 変更


ns:~#
locale-gen

Generating locales (this might take a while)...
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.
ns:~#
startx
# X 起動
  以下のようにデスクトップ画面が起動し、Windowsのように視覚的な操作ができます。
 
関連コンテンツ