Debian 4.0
Sponsored Link

ゲストOS インストール
2008/08/24
  インストールした VMware Player にゲストOSを作成してみます。 ここでは Fedora 7 をインストールしてみることにします。

[1] 多少の下準備をして X を起動し、ゲストOSをインストールします。Xがない場合は デスクトップ環境の導入を参照ください。
ns:~#
mkdir /var/vmware/fedora7

ns:~#
qemu-img create -f vmdk /var/vmware/fedora7/fedora7.vmdk 20G

Formating '/var/vmware/fedora7/fedora7.vmdk', fmt=vmdk, size=20971520 kB
ns:~#
vi /var/vmware/fedora7/fedora7.vmx


# 以下の内容で新規作成

config.version = "8"
virtualHW.version = "3"
memsize = "1024"
ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "fedora7.vmdk"
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "auto detect"
ide1:0.deviceType = "cdrom-raw"
floppy0.fileName = "/dev/fd"
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "bridged"
usb.present = "TRUE"
displayName = "Fedora 7"
guestOS = "other26xlinux"
nvram = "fedora7.nvram"
ethernet0.addressType = "generated"
ide1:0.autodetect = "TRUE"
ethernet0.generatedAddress = "00:16:3e:00:00:31"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
checkpoint.vmState = "fedora7.vmss"
extendedConfigFile = "fedora7.vmxf"
floppy0.startConnected = "FALSE"
vmi.present = "TRUE"


ns:~#
startx
[2] X が起動したらCD/DVDドライブに Fedora 7 インストールCDをセットし、 以下のように [1] で作成した「fedora7.vmx」をダブルクリックして起動します。 そうするとフツーにインストールがはじまります。後は通常通りインストールを進めていくだけです。
 
[3] インストールが終了し、ゲストOSを起動した様子です。 体感的には、まあ X を立ち上げていることもあり、あまり早くは感じません。
 
関連コンテンツ
 
Tweet