Debian 4.0
Sponsored Link

WinSCPでファイル転送
2008/08/25
  FTPではデータがそのまま流れるためパスワード等を盗聴される危険性があります。 そのため外部からファイルを転送する場合は、暗号化通信を利用した方がよいでしょう。 ここではWinSCPを使って 外部ネットワークからSSH接続によるサーバーへのファイル転送をしてみます。

ここで、外部から転送する場合で、且つ、ドキュメントルート /var/www/html/ へファイルを置く場合、 私の環境のように一つのグローバルIPアドレスをポートフォワードして複数の仮想サーバーに振り分けていると、 外部からのSSH接続はホストOSに接続されてしまうため、ゲストOS WWW/FTPサーバーのドキュメントルートにファイルをおくのは 一旦、一般ユーザーのホームディレクトリにおいて、それから移動させてと、面倒な作業になります。

ルーターの設定をかえて直接WWW/FTPサーバーへ接続するようにすると、そこから ホストOSへの接続をするのにSSHコマンドやらでログインしてとこれもめんどうです。

ということで、/var/www/html もNFSで共有するようにして、直接転送できるようにします。
# ホストOSでの作業

ns:~#
mkdir -p /var/www/html

ns:~#
cd /var/www

ns:/var/www#
chown debian. html

ns:/var/www#
chmod 711 html

ns:/var/www#
cd

ns:~#
vi /etc/exports


/home 192.168.0.0/24(rw,sync,no_root_squash)
# 該当行追記

/var/www/html 192.168.0.0/24(rw,sync,no_root_squash)


ns:~#
/etc/init.d/nfs-kernel-server restart


# ゲストOS 'www' での作業

www:~#
mount -t nfs nfs.srv.world:/var/www/html /var/www/html

[1] WinSCPをインストールし、起動すると下記のような画面になるので、「新規」ボタンをクリックします。
 
[2] 下記のような画面になるので、それぞれ必要な情報を入力します。 秘密鍵には仮想化の項で作ったPuttyのものを流用します。「 ログイン」ボタンを押すと秘密鍵のパスフレーズが求められるので入力して「OK」します。
 
[3] ログインできました。下記画面でファイルをアップロードしたりダウンロードしたりできます。
 
関連コンテンツ