CentOS Stream 9
Sponsored Link

Zabbix 6.0 : メール通知の設定
2022/09/29
 
デフォルトで適用されるテンプレートには CPU ローアベレージ等の主要な監視項目やしきい値は設定されていますが、 しきい値を超えた場合のメール送信設定は無効になっているため、各種通知メールが送信されるようにするためには設定が必要です。
[1]
[2] Zabbix の管理サイトにログインし、左ペインで [Configuration] - [Actions] - [Trigger actions] を選択します。 右ペインで、通知メールを送信するアクションがデフォルトで登録されています。 右にスクロールして [Status] 列で [Disabled] リンクをクリックすると、設定が反転されて有効化できます。
[3] メール送信のアクションが有効化されました。 これで、テンプレートに定義済みのしきい値を超えた場合は通知メールが送信されるようになります。 送信先は Zabbix 管理者グループに所属するユーザーです。
[4] しきい値を超えた場合の通知メールです。以下は CPU 使用率がデフォルトのしきい値 (90%) を 5 分間超えた場合に送信されたメールの例です。
From: <root@dlp.srv.world>
To: <root@dlp.srv.world>
Date: Thu, 29 Sep 2022 10:45:27 +0900
Subject: Problem: High CPU utilization (over 90% for 5m)
Message-Id: <20220929014527.98B3284C14@dlp.srv.world>

Problem started at 10:45:24 on 2022.09.29
Problem name: High CPU utilization (over 90% for 5m)
Host: dlp.srv.world
Severity: Warning
Operational data: Current utilization: 99.99 %
Original problem ID: 29
関連コンテンツ