CentOS Stream 9
Sponsored Link

Grafana : インストール
2022/06/30
 
Web ダッシュボードツール Grafana のインストールです。
Grafana はデータベースに蓄積したデータの可視化が主機能であるため、利用するためには別途 Grafana が対応したデータベースが必要です。主な対応データベースは以下の通りです。
Graphite, Prometheus, Elasticsearch, InfluxDB, OpenTSDB, AWS Cloudwatch, MySQL, PostgreSQL
[1] Grafana をインストールします。
[root@dlp ~]#
dnf -y install grafana
[root@dlp ~]#
vi /etc/grafana/grafana.ini
# 32行目 : プロトコル ⇒ [https], [socket] に変更可

protocol = http
# 35行目 : リスンする IP アドレス

http_addr =
0.0.0.0
# 38行目 : ポート ⇒ ポートを変更したい場合は変更可

http_port = 3000
# 41行目 : ドメイン名 ⇒ 表示のドメイン名を変更したい場合は変更可

domain = localhost
[root@dlp ~]#
systemctl enable --now grafana-server
[2] Firewalld を有効にしている場合は、サービスポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=3000/tcp

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --runtime-to-permanent

success
[3] 任意のクライアントコンピューターで Web ブラウザーを起動し [http://(Grafana サーバーのホスト名 または IP アドレス):3000/] にアクセスします。 すると、Grafana のログインフォームが表示されます。デフォルトユーザー [admin], 初期パスワード [admin] で認証可能です。
[4] 初回ログイン時は、デフォルトパスワードの変更を求められます。変更したい任意のパスワードを入力して [Submit] ボタンをクリックします。
[5] 正常に認証完了すると Grafana のホーム画面が表示されます。以上でインストール完了です。
関連コンテンツ