CentOS Stream 8
Sponsored Link

oVirt 4.5 : oVirt ノードを追加する
2022/06/16
 
oVirt ノードを追加します。
ノードを追加することで、より多くの仮想マシンが扱えるようになります。
当例では以下のような構築済みの oVirt 環境に [node01.srv.world] を追加します。
+-----------------------+          |          +-----------------------+
|   [   Admin Node   ]  |10.0.0.30 | 10.0.0.25| [    oVirt Engine   ] |
|    dlp.srv.world      +----------+----------+     ctrl.srv.world    |
|                       |          |          |                       |
+-----------------------+          |          +-----------------------+
                                   |
+-----------------------+          |          +-----------------------+
| [   Shared Storage  ] |10.0.0.35 | 10.0.0.51|  [   oVirt Node    ]  |
|     nfs.srv.world     +----------+----------+   node01.srv.world    |
|                       |                     |                       |
+-----------------------+                     +-----------------------+

[1] 新たに追加するホスト上で必要なパッケージをインストールしておきます。
[root@node01 ~]#
dnf -y install centos-release-ovirt45

[root@node01 ~]#
dnf -y install qemu-kvm libvirt virt-install vdsm cockpit
[root@node01 ~]#
systemctl enable --now libvirtd cockpit.socket

[2] oVirt 管理ポータルにアクセスし、左ペインで [Compute] - [Hosts] をクリックします。
[3] 右ペイン上部の [New] ボタンをクリックします。
[4]
追加したいホストの情報を入力して [OK] をクリックします。
設定必須なのは、対象ホストの ホスト名 または IP アドレスと、認証方法の選択 (パスワード認証 / SSH 鍵ペア) のみで、他は任意です。
認証方法は、当例では SSH 鍵ペアを設定します。
以下のように [SSH Public Key] を選択すると SSH 公開鍵が表示されます。この表示された公開鍵をコピーして、 新規追加するノードの [/root/.ssh/authorized_keys] にペーストしておくと、oVirt Engine から新規追加するノードへの SSH 鍵ペアでの認証が可能となります。
[5] [電源管理設定] 設定についての確認が表示されます。
IPMI 搭載コンピューターであれば必要な情報を入力して設定可能です。後からでも設定変更も可能なため、一旦 [OK] で進めても OK です。
[6] 新規追加ノードに対して、必要な設定タスクが実行されるため、[Status] が [Installing] の状態となります。なお、設定タスクは相応の時間がかかります。
[7] 設定タスクが完了すると、[Status] は [Up] の状態となります。以上でノードの新規追加は完了です。
関連コンテンツ