CentOS Stream 8
Sponsored Link

Lsync : ファイル/ディレクトリの同期
2021/04/13
 
Lsync をインストールして、Rsync + Lsync によるリアルタイム同期を設定します。
[1]
こちらを参考に、設定したい コピー先ホストで Rsync をサービスとして起動しておきます
当例では、リンク先の通り設定した以下のような環境に加えて、コピー元ホストに lsyncd をインストールして設定します。
+----------------------+          |          +----------------------+
|    [dlp.srv.world]   |10.0.0.30 | 10.0.0.51|  [node01.srv.world]  |
|        lsyncd        +----------+----------+        rsyncd        |
|     /home/work/*     |   ------------->    |     /home/backup/*   |
+----------------------+      live copy      +----------------------+

[2] コピー元ホストでの Lsync のインストールと設定です。
# EPEL からインストール

[root@dlp ~]#
dnf --enablerepo=epel -y install lsyncd
[root@dlp ~]#
vi /etc/lsyncd.conf
# 8行目:コメントにする
-- sync{default.rsyncssh, source="/var/www/html", host="localhost", targetdir="/tmp/htmlcopy/"}

# 最終行に追記
settings{
    statusFile = "/var/run/lsyncd.pid",
    statusInterval = 1,
}

sync{
    default.rsync,
    # コピー元ディレクトリを指定
    source="/home/work/",
    # コピー先のホスト名 または IP アドレス : (rsyncd.conf で設定した名前)
    target="node01.srv.world::backup",
    # コピー除外リスト
    excludeFrom="/etc/rsync_exclude.lst",
}

[root@dlp ~]#
systemctl enable --now lsyncd

[3]
以上で設定完了です。
コピー元ホストで指定のディレクトリ配下にファイル/ディレクトリを作成して、コピー先ホストでファイル/ディレクトリが同期されていることを確認しておくとよいでしょう。
関連コンテンツ