CentOS 8
Sponsored Link

Zabbix 5.0 : 監視対象ホストを追加する (CentOS)
2020/06/23
 
監視対象ホストを追加します。例として CentOS 8 で稼働しているサーバーを対象に追加します。
[1] 監視対象としたいサーバーに Zabbix Agent をインストールします。
[root@node01 ~]#
dnf -y install https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm

[root@node01 ~]#
dnf -y install zabbix-agent
[root@node01 ~]#
vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
# 119行目:Zabbix サーバーを指定

Server=
10.0.0.30
# 160行目:Zabbix サーバーを指定

ServerActive=
10.0.0.30
# 171行目:自身のホスト名に変更

Hostname=
node01.srv.world
[root@node01 ~]#
systemctl enable --now zabbix-agent

[2] SELinux を有効にしている場合は、ポリシーの変更が必要です。
[root@node01 ~]#
setsebool -P domain_can_mmap_files on

[root@node01 ~]#
vi zabbix_agent.te
# 以下の内容で新規作成

module zabbix_agent 1.0;

require {
        type zabbix_agent_t;
        type rpm_exec_t;
        type rpm_var_lib_t;
        class file { execute execute_no_trans map open };
}

#============= zabbix_agent_t ==============
allow zabbix_agent_t rpm_var_lib_t:file open;
allow zabbix_agent_t rpm_exec_t:file { execute execute_no_trans map };

[root@node01 ~]#
checkmodule -m -M -o zabbix_agent.mod zabbix_agent.te

[root@node01 ~]#
semodule_package --outfile zabbix_agent.pp --module zabbix_agent.mod

[root@node01 ~]#
semodule -i zabbix_agent.pp

[3] Firewalld を有効にしている場合は、Zabbix 関連ポートの許可が必要です。
[root@node01 ~]#
firewall-cmd --add-port=10050/tcp --permanent

success
[root@node01 ~]#
firewall-cmd --reload

success
[4] Zabbix の管理サイトにログインし、左ペインで [Configuration] - [Hosts] を選択し、右ペイン上部の [Create Host] ボタンをクリックします。
[5] [Hostname] にはホスト名を, [Visible name] には管理サイト上で表示させたい任意の名前を, [Groups] には管理上の括りであるグループを選択、または新規作成し, [Interfaces] には監視対象の IP アドレスと DNS 名を入力します。 その他の項目は任意です。必要に応じて入力してください。必要な項目を入力したら [Templates] タブに移動します。
[6] [Select] ボタンをクリックします。
[7] 再度 [Select] ボタンをクリックします。
[8] [Templates/Operating systems] を選択します。
[9] [Template OS Linux by Zabbix agent active] を選択します。
[10] テンプレートが追加されたことを確認し、[Add] ボタンをクリックします。
[11] 監視対象ホストが追加されました。しばらく時間が経つと、追加した対象ホストのデータが表示されるようになります。
関連コンテンツ