CentOS 8
Sponsored Link

Podman : 外部ストレージを利用する
2019/10/11
 
コンテナーが破棄されると当然コンテナー内部のデータも消失するため、コンテナーで作成したデータを永続化するには、外部ストレージを利用する必要があります。
[1] ホスト側の任意のディレクトリをコンテナーにマウントして、外部ストレージとして利用することが可能です。
# 任意のデータ保管用ディレクトリ作成

[root@dlp ~]#
mkdir -p /var/lib/containers/disk01

# 作成したディレクトリをコンテナーの /mnt にマウントして起動

# SELinux が [Enforcing] の場合は以下のように [--privileged] オプションが必要

[root@dlp ~]#
podman run --privileged -it -v /var/lib/containers/disk01:/mnt centos /bin/bash
[root@ecb1c14afb13 /]#
df -hT

Filesystem          Type     Size  Used Avail Use% Mounted on
overlay             overlay   75G  2.8G   73G   4% /
tmpfs               tmpfs     64M     0   64M   0% /dev
/dev/mapper/cl-root xfs       75G  2.8G   73G   4% /mnt
tmpfs               tmpfs    8.9G  8.6M  8.9G   1% /etc/hosts
shm                 tmpfs     63M     0   63M   0% /dev/shm
tmpfs               tmpfs    8.9G     0  8.9G   0% /sys/fs/cgroup

[root@7543e4dffb4b /]#
echo "persistent storage" >> /mnt/testfile.txt

[root@ecb1c14afb13 /]#
exit
[root@dlp ~]#
cat /var/lib/containers/disk01/testfile.txt

persistent storage
関連コンテンツ