CentOS 8
Sponsored Link

iSCSI : ターゲットの設定 (targetcli)
2019/10/04
 
iSCSI によるストレージサーバーの構築です。
ネットワーク上のストレージを iSCSI ターゲット、iSCSI ターゲットに接続するクライアントを iSCSI イニシエーターと呼びます。 当例では以下のような環境を前提に iSCSI ストレージサーバーを構築します。
+----------------------+          |          +----------------------+
| [   iSCSI Target   ] |10.0.0.30 | 10.0.0.51| [ iSCSI Initiator  ] |
|     dlp.srv.world    +----------+----------+   node01.srv.world   |
|                      |                     |                      |
+----------------------+                     +----------------------+

[1] 管理ツールをインストールします。
[root@dlp ~]#
dnf -y install targetcli
[2] iSCSI ターゲットの設定です。
例として [/var/lib/iscsi_disks] ディレクトリ内にディスクイメージを作成し、SCSI デバイスとして設定します。 なお、例でのディスクイメージの他にも、ブロックデバイスや RAM ディスク等も SCSI デバイスとして設定可能です。
# ディスクイメージ格納ディレクトリ作成

[root@dlp ~]#
mkdir /var/lib/iscsi_disks

# 管理ツール起動

[root@dlp ~]#
targetcli

targetcli shell version 2.1.fb49
Copyright 2011-2013 by Datera, Inc and others.
For help on commands, type 'help'.

/> cd backstores/fileio 

# [disk01] という名前で [/var/lib/iscsi_disks/disk01.img] を 10G で作成
/backstores/fileio> create disk01 /var/lib/iscsi_disks/disk01.img 10G 
Created fileio disk01 with size 10737418240
/backstores/fileio> cd /iscsi 

# ターゲットを作成
# 命名規則:[ iqn.年-月.ドメイン名の逆:任意の名前 ]
/iscsi> create iqn.2019-10.world.srv:dlp.target01 
Created target iqn.2019-10.world.srv:dlp.target01.
Created TPG 1.
Global pref auto_add_default_portal=true
Created default portal listening on all IPs (0.0.0.0), port 326
/iscsi> cd iqn.2019-10.world.srv:dlp.target01/tpg1/luns 

# LUN を設定
/iscsi/iqn.20...t01/tpg1/luns> create /backstores/fileio/disk01 
Created LUN 0.
/iscsi/iqn.20...t01/tpg1/luns> cd ../acls 

# ACLを設定 (接続を許可するイニシエーターの IQN)
/iscsi/iqn.20...t01/tpg1/acls> create iqn.2019-10.world.srv:node01.initiator01 
Created Node ACL for iqn.2019-10.world.srv:node01.initiator01
Created mapped LUN 0.
/iscsi/iqn.20...t01/tpg1/acls> cd iqn.2019-10.world.srv:node01.initiator01 

# 認証用ユーザーID を設定 (username/password は設定したい値に置き換え)
/iscsi/iqn.20...w.initiator01> set auth userid=username 
Parameter userid is now 'username'.
/iscsi/iqn.20...w.initiator01> set auth password=password 
Parameter password is now 'password'.
/iscsi/iqn.20...w.initiator01> exit 
Global pref auto_save_on_exit=true
Configuration saved to /etc/target/saveconfig.json

# 上記設定後、以下のようにターゲットがリスン状態になる

[root@dlp ~]#
ss -napt | grep 3260

LISTEN   0         256                 0.0.0.0:3260             0.0.0.0:*

[root@dlp ~]#
systemctl enable target
[3] Firewalld を有効にしている場合は、iSCSI ターゲットサービスの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=iscsi-target --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
関連コンテンツ