CentOS 7
Sponsored Link

Spacewalk : クライアントの設定
2018/11/21
 
Spacewalk クライアントとするシステムを登録し、Spacewalk で管理できるようにします。
[1] 管理対象としたいホストで Spacewalk クライアント用リポジトリを設定し、必要なパッケージをインストールして、Spacewalk 管理サーバーにシステムを登録します。 アクティベーションキーは事前に作成しておいたものを指定します。
# リポジトリパッケージをインストール

[root@node01 ~]#
yum -y install https://copr-be.cloud.fedoraproject.org/results/%40spacewalkproject/spacewalk-2.8/epel-7-x86_64/00736372-spacewalk-repo/spacewalk-repo-2.8-11.el7.centos.noarch.rpm
# EPELを有効にしてインストール

[root@node01 ~]#
yum --enablerepo=epel -y install rhn-client-tools rhn-check rhn-setup rhnsd m2crypto yum-rhn-plugin
# Spacewalk 管理サーバーから証明書をダウンロード (自身のサーバー名に置き換えてください)

[root@node01 ~]#
yum -y install http://dlp.srv.world/pub/rhn-org-trusted-ssl-cert-1.0-1.noarch.rpm
# アクティベーションキーを指定してシステムを登録

[root@node01 ~]#
rhnreg_ks --serverUrl=https://dlp.srv.world/XMLRPC --sslCACert=/usr/share/rhn/RHN-ORG-TRUSTED-SSL-CERT --activationkey=1-serverworld

[2] Spacewalk の Web コンソールに管理者でログインし、[Systems] タブに移動すると、登録されたシステムが表示されます。
[3] ホスト名をクリックすると詳細情報が確認できます。
[4] 管理対象ホストのインストール済みパッケージの確認や新規インストール等々、様々な管理作業が実行可能です。
関連コンテンツ