CentOS 7
Sponsored Link

Spacewalk : インストール
2018/11/21
 
Red Hat Satellite のオープンソース実装 Spacewalk のインストールと設定です。
Spacewalk により、設定管理、ソフトウェア管理、サブスクリプション管理、プロビジョニング等が可能となります。
[1] Spacewalk のリポジトリをインストールしておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install https://copr-be.cloud.fedoraproject.org/results/%40spacewalkproject/spacewalk-2.8/epel-7-x86_64/00736372-spacewalk-repo/spacewalk-repo-2.8-11.el7.centos.noarch.rpm
# EPELを有効にしてインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install spacewalk-setup-postgresql spacewalk-postgresql perl
[2] Spacewalk をインストールします。
バックエンドで利用するデータベースは PostgreSQL, Oracle 10g 以降から選択可能ですが、当例では PostgreSQL で進めます。
# EPELを有効にしてインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install spacewalk-setup-postgresql spacewalk-postgresql perl dojo
[3] Spacewalk のセットアップです。
[root@dlp ~]#
spacewalk-setup

* Setting up SELinux..
** Database: Setting up database connection for PostgreSQL backend.
** Database: Installing the database:
** Database: This is a long process that is logged in:
** Database:   /var/log/rhn/install_db.log
*** Progress: #
** Database: Installation complete.
** Database: Populating database.
*** Progress: ##########################
* Configuring tomcat.
* Setting up users and groups.
** GPG: Initializing GPG and importing key.
** GPG: Creating /root/.gnupg directory
You must enter an email address.
# 管理者のメールアドレス設定
Admin Email Address? root@dlp.srv.world
* Performing initial configuration.
* Configuring apache SSL virtual host.
# SSL 有効にするか否か選択
Should setup configure apache's default ssl server for you (saves original ssl.conf) [Y]?
** /etc/httpd/conf.d/ssl.conf has been backed up to ssl.conf-swsave
* Configuring jabberd.
* Creating SSL certificates.
# CA 証明書のパスワード設定
CA certificate password?
Re-enter CA certificate password?
# ホストの別名を設定する場合は入力
Cname alias of the machine (comma seperated)?
# 証明書の基本情報を設定
Organization? GTS
Organization Unit [dlp.srv.world]?
Email Address [root@dlp.srv.world]?
City? Hiroshima
State? Hiroshima
Country code (Examples: "US", "JP", "IN", or type "?" to see a list)? JP
** SSL: Generating CA certificate.
** SSL: Deploying CA certificate.
** SSL: Generating server certificate.
** SSL: Storing SSL certificates.
* Deploying configuration files.
* Update configuration in database.
* Setting up Cobbler..
Cobbler requires tftp and xinetd services be turned on for PXE provisioning functionality. Enable these services [Y]? y
* Restarting services.
Installation complete.
Visit https://dlp.srv.world to create the Spacewalk administrator account.
[4] Firewalld を有効にしている場合は、サービスポートを許可する必要があります。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service={http,https} --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[5] 任意のクライアントコンピュータで Web ブラウザを起動し、[https://(Spacewalkサーバーのホスト名またはIPアドレス)/] にアクセスします。 以下のような画面が表示されたら、任意の管理者ユーザー名とパスワードを設定してページ下部の [Create Organization] ボタンをクリックします。
[6] 管理ユーザーアカウントが作成されました。
[7] 次回アクセス時からはログイン画面がスタート画面になるので、設定した管理ユーザーでログインします。
[8] なお、以下の画面例は英語表示となっていますが、日本語環境でアクセスすればきれいな日本語で表示されます。
関連コンテンツ
 
Tweet