CentOS 7
Sponsored Link

Oracle Database 18c : Oracle Net リスナーの追加
2018/12/05
 
クライアントとインスタンスがやりとりするためのネットワークサービスである Oracle Net リスナーを追加します。
[1] Oracle ユーザーでログインし [netca] とコマンドを入力します。
[oracle@dlp ~]$ netca

[2] リスナーの構成画面が起動します。上段の [リスナーを構成する] にチェックを入れて次へ進みます。
[3] そのまま次へ進みます。
[4] リスナーの名称を設定します。任意の名称で OK です。
[5] プロトコルを選択します。当例ではデフォルトの TCP で次へ進めます。
[6] ポートの設定です。当例ではデフォルトの 1521 で次へ進めます。
[7] リスナー設定をさらに追加をする場合は [Yes] を選択します。不要であれば [No] を選択して終了します。
[8] 設定完了です。[Next] ボタンクリック後、[Finish] ボタンを押下で終了します。
[9] 設定完了後は以下のように 設定したポート (当例では 1521) で tnslsnr がリスン状態になります。また tnsping コマンドで応答が返ってくるようになります。
[oracle@dlp ~]$
ss -napt | grep 1521

LISTEN     0      128         :::1521                    :::*                   users:(("tnslsnr",pid=17508,fd=8))
TIME-WAIT  0      0         ::ffff:10.0.0.30:1521                  ::ffff:10.0.0.30:56769

[oracle@dlp ~]$
tnsping localhost


TNS Ping Utility for Linux: Version 18.0.0.0.0 - Production on 05-DEC-2018 15:49:12

Copyright (c) 1997, 2018, Oracle.  All rights reserved.

Used parameter files:

Used HOSTNAME adapter to resolve the alias
Attempting to contact (DESCRIPTION=(CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=))(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=127.0.0.1)(PORT=1521)))
OK (10 msec)
[10] Firewalld を有効にしている場合は、設定したポートの許可が必要です。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-port=1521/tcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
関連コンテンツ
 
Tweet