CentOS 7
Sponsored Link

OpenStack Newton : Horizon 設定
2016/10/22
 
OpenStack Dashboard Service(Horizon)をインストールします。
Dashboard により、Web ベース GUI で操作ができるようになります。
[1] Horizon をインストールします。
# Newton, EPEL からインストール

[root@dlp ~(keystone)]#
yum --enablerepo=centos-openstack-newton,epel -y install openstack-dashboard
[2] Dashboard の設定をします。
[root@dlp ~(keystone)]#
vi /etc/openstack-dashboard/local_settings
# 29行目:自ホストを追記

ALLOWED_HOSTS = ['
dlp.srv.world
', 'localhost']
# 55行目:以下のようにコメント解除

OPENSTACK_API_VERSIONS = {
#    "data-processing": 1.1,
    "identity": 3,
    "volume": 2,
    "compute": 2,
}

# 74行目:コメント解除

OPENSTACK_KEYSTONE_DEFAULT_DOMAIN = 'default'
# 140行目:Memcacheサーバー追記

CACHES = {
    'default': {
        'BACKEND': 'django.core.cache.backends.locmem.LocMemCache',
        'LOCATION': '10.0.0.30:11211',
    },
}

# 161-163行目:以下のように変更

OPENSTACK_HOST = "
10.0.0.30
"
OPENSTACK_KEYSTONE_URL = "http://%s:5000/
v3
" % OPENSTACK_HOST
OPENSTACK_KEYSTONE_DEFAULT_ROLE = "
user
"
[root@dlp ~(keystone)]#
systemctl restart httpd memcached

[3] SELinux を有効にしている場合は、ブール値の変更が必要です。
[root@dlp ~(keystone)]#
setsebool -P httpd_can_network_connect on

[4] Firewalld を有効にしている場合は、サービスの許可が必要です。
[root@dlp ~(keystone)]#
firewall-cmd --add-service={http,https} --permanent

success
[root@dlp ~(keystone)]#
firewall-cmd --reload

success
[5] 任意のホストで Web ブラウザを起動し、以下の URL にアクセスします。
⇒ http://(サーバーのホスト名)/dashboard/
アクセスするとログイン画面になるので、 Keystone に登録した admin ユーザーとパスワード (keystone ブートストラップ 時に設定したパスワード) でログインします。
[6] ログインすると以下のような画面になります。ここから Web GUI で様々な操作をすることができます。
[7] インスタンスにアクセスするには、左メニューの「Instances」をクリックします。 すると右ペインにインスタンス一覧が表示されるので、アクセスしたいインスタンスの名前をクリックしてください。
[8] インスタンス概要が表示されます。ここで、上部にある「Console」タブをクリックしてください。
[9] すると、インスタンスのコンソールが表示されます。ここでインスタンスの操作を行うことができます。
関連コンテンツ
 
Tweet