CentOS 7
Sponsored Link

OpenStack Icehouse : 連携サービスのインストール
2014/08/31
 
OpenStack Icehouse によるクラウド基盤の構築です。
ここでは例として、Keystone, Glance, Nova, Horizon までは All in One 構成で 1台のサーバーにインストールします。
その他のコンポーネントはそれぞれのセクションの前提構成を参考にしてください。
まずは、OpenStack の各コンポーネントが必要とするいくつかのサービスを事前にインストールしておきます。
[1]
こちらを参考に NTPサーバーをインストールして、時刻同期ができるようにしておいてください。
[2]
こちらを参考に KVMハイパーバイザをインストールしておいてください。
なお、リンク先 [2] のブリッジの設定は必要ありません。後ほど OpenStack システムの中でブリッジ化されます。
[3] Openstack Icehouse のリポジトリを追加しておきます。
[root@dlp ~]#
yum -y install http://repos.fedorapeople.org/repos/openstack/openstack-icehouse/rdo-release-icehouse.rpm

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/rdo-release.repo

[4] バックエンドデータベースとして利用する MariaDB サーバーをインストールしておきます。
# RDO ([3]で追加したリポジトリ) からインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=openstack-icehouse -y install mariadb-galera-server
[root@dlp ~]#
systemctl start mariadb

[root@dlp ~]#
systemctl enable mariadb

# MariaDBに接続

[root@dlp ~]#
mysql -u root

Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 3
Server version: 5.5.36-MariaDB-wsrep MariaDB Server, wsrep_25.9.r3961

Copyright (c) 2000, 2014, Oracle, Monty Program Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

# rootパスワード設定

MariaDB [(none)]>
set password for root@localhost=password('password');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
# rootパスワード設定

MariaDB [(none)]>
set password for root@'127.0.0.1'=password('password');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
# rootパスワード設定

MariaDB [(none)]>
set password for root@'dlp.srv.world'=password('password');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
# 匿名ユーザ削除

MariaDB [(none)]>
delete from mysql.user where user='';

Query OK, 2 rows affected (0.00 sec)
# IPV6ユーザ削除 (もし必要なければ)

MariaDB [(none)]>
delete from mysql.user where user='root' and host='::1';

Query OK, 2 rows affected (0.00 sec)
MariaDB [(none)]>
select user,host,password from mysql.user;

+------+------------------+-------------------------------------------+
| user | host             | password                                  |
+------+------------------+-------------------------------------------+
| root | localhost        | *2470C0C06DEE42FD1618BB99005ADCA2EC9D1E19 |
| root | dlp.srv.world | *2470C0C06DEE42FD1618BB99005ADCA2EC9D1E19 |
| root | 127.0.0.1        | *2470C0C06DEE42FD1618BB99005ADCA2EC9D1E19 |
+------+------------------+-------------------------------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

MariaDB [(none)]>
exit

Bye
[5] RabbitMQ, Memcached をインストールしておきます。
# EPEL からインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install rabbitmq-server memcached
[root@dlp ~]#
systemctl start rabbitmq-server

[root@dlp ~]#
systemctl enable rabbitmq-server

# guest のパスワード変更

[root@dlp ~]#
rabbitmqctl change_password guest password

Changing password for user "guest" ...
...done.
[root@dlp ~]#
systemctl start memcached

[root@dlp ~]#
systemctl enable memcached

関連コンテンツ
 
Tweet