CentOS 7
Sponsored Link

KVM : VMWare ESXi on KVM
2018/02/03
 
KVM 仮想マシン上に VMWare ESXi をインストールします。
[1]
[2] QEMU をアップデートしておきます。
[root@dlp ~]#
/usr/libexec/qemu-kvm -version

QEMU emulator version 1.5.3 (qemu-kvm-1.5.3-141.el7_4.6), Copyright (c) 2003-2008 Fabrice Bellard
[root@dlp ~]#
yum -y install centos-release-qemu-ev
# 通常時は無効

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-QEMU-EV.repo
# 以下により [qemu-kvm] パッケージは [qemu-kvm-ev] に置き換えられる

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=centos-qemu-ev -y install qemu-kvm-ev
[root@dlp ~]#
systemctl restart libvirtd
[root@dlp ~]#
/usr/libexec/qemu-kvm -version

QEMU emulator version 2.9.0(qemu-kvm-ev-2.9.0-16.el7_4.13.1)
Copyright (c) 2003-2017 Fabrice Bellard and the QEMU Project developers
[3] 以上で準備完了です。例として VMWare ESXi 6.5 をインストールします。
[--cpu] には [host-passthrough], [--disk] の [bus=***] には [sata] を指定,
[--network] の [model=***] には [e1000],
[--cdrom] には事前にダウンロードしたインストールイメージ,
[--machine] には [q35], [--features] には [kvm_hidden=on] を指定します。 その他の項目は任意です。
[root@dlp ~]#
virt-install \
--name esxi65 \
--ram 16384 \
--disk path=/var/kvm/images/esxi65.img,size=80,bus=sata \
--cpu host-passthrough \
--vcpus=6 \
--os-type linux \
--os-variant=virtio26 \
--network bridge=br0,model=e1000 \
--graphics spice,listen=0.0.0.0,password=password \
--video qxl \
--cdrom /tmp/VMware-VMvisor-Installer-201701001-4887370.x86_64.iso \
--features kvm_hidden=on \
--machine q35
[4] ESXi のインストーラーが起動します。インストールは通常通りです。
[5] インストールが完了して、ESXi が正常に起動しました。
[6] Web 管理コンソールから ESXi 上に CentOS 7 の仮想マシンを作成した様子です。
関連コンテンツ
 
Tweet