CentOS 7
Sponsored Link

KVM : UEFI で起動する
2018/02/03
 
UEFI (Unified Extensible Firmware Interface) ファームウェアを使用して仮想マシンを起動します。
[1] OVMF (Open Virtual Machine Firmware) をインストールしておきます。
[root@dlp ~]#
vi /etc/yum.repos.d/kraxel.repo
# 新規作成

[qemu-firmware-jenkins]
name=firmware for qemu, built by jenkins, fresh from git repos
baseurl=https://www.kraxel.org/repos/jenkins/
enabled=0
gpgcheck=0
[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=qemu-firmware-jenkins -y install OVMF
[root@dlp ~]#
vi /etc/libvirt/qemu.conf
# 682行目:追記

nvram = [
    "/usr/share/edk2.git/ovmf-x64/OVMF_CODE-pure-efi.fd:/usr/share/edk2.git/ovmf-x64/OVMF_VARS-pure-efi.fd",
]

[root@dlp ~]#
systemctl restart libvirtd
[2] QEMU をアップデートしておきます。
[root@dlp ~]#
/usr/libexec/qemu-kvm -version

QEMU emulator version 1.5.3 (qemu-kvm-1.5.3-141.el7_4.6), Copyright (c) 2003-2008 Fabrice Bellard
[root@dlp ~]#
yum -y install centos-release-qemu-ev
# 通常時は無効

[root@dlp ~]#
sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/CentOS-QEMU-EV.repo
# 以下により [qemu-kvm] パッケージは [qemu-kvm-ev] に置き換えられる

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=centos-qemu-ev -y install qemu-kvm-ev
[root@dlp ~]#
systemctl restart libvirtd
[root@dlp ~]#
/usr/libexec/qemu-kvm -version

QEMU emulator version 2.9.0(qemu-kvm-ev-2.9.0-16.el7_4.13.1)
Copyright (c) 2003-2017 Fabrice Bellard and the QEMU Project developers
[3] 以上で準備完了です。例として Windows Server 2016 をインストール/起動します。
[--boot] に [uefi] を指定します。その他の項目は任意です。
[root@dlp ~]#
virt-install \
--name Win2k16 \
--ram 8192 \
--disk path=/var/kvm/images/Win2k16.img,size=80 \
--vcpus=4 \
--os-type windows \
--os-variant=win10 \
--network bridge=br0 \
--graphics spice,listen=0.0.0.0,password=password,keymap=ja \
--video qxl \
--cdrom /tmp/Win2016_JA-JP.ISO \
--boot uefi
[4] 起動すると、UEFI Interactive Shell が表示されます。[exit] と入力してすぐに抜ければ OK です。
[5] UEFI の設定画面になります。特に用がなければすぐに [Continue] で OK です。この後、DVD ドライブの読み込みが開始し、インストーラーが起動します。
[6] インストール後、システム情報で [BIOS モード] が [UEFI] になっていることを確認しておきます。
関連コンテンツ
 
Tweet