CentOS 7
Sponsored Link

GitLab インストール
2015/10/25
 
GitHub ライクな プロジェクト管理ツール GitLab をインストールします。
[1]
[2]
[3]
Firewalld を起動している場合は、こちらの [4] を参考に [http] サービスを恒久的に追加して接続を許可しておきます。
[4] GitLab をインストールします。
設定は簡単で gitlab-ctl コマンドにより、Chef Cook Book が起動し、 SELinux のポリシー設定まで全て行ってくれます。
[root@dlp ~]#
curl -O https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.rpm.sh

[root@dlp ~]#
sh script.rpm.sh
[root@dlp ~]#
yum -y install gitlab-ce
[root@dlp ~]#
gitlab-ctl reconfigure
.....
.....
Running handlers:
Running handlers complete
Chef Client finished, 457/648 resources updated in 04 minutes 54 seconds
gitlab Reconfigured!
[5] 任意のクライアントで Web ブラウザを起動し、[http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/] にアクセスします。 初回アクセス時はパスワードの再設定が求められるので、任意のパスワードを設定します。
[6] パスワードを再設定するとログイン画面になります。root ユーザーと再設定したパスワードでログイン可能です。
[7] GitLab のメイン画面になります。以上で GitHub ライクなツールを社内等で利用することができます。
関連コンテンツ
 
Tweet