CentOS 7
Sponsored Link

Ceph Nautilus : ダッシュボードを有効化する
2019/06/12
 
Ceph Dashboard を有効化して、Web ベースで Ceph クラスターの管理が行えるようにします。
当例では以下のように構成した Ceph クラスターを前提に設定します。
                                         |
        +--------------------+           |           +----------------------+
        |   [dlp.srv.world]  |10.0.0.30  |  10.0.0.31| [client01.srv.world] |
        |    Ceph-Ansible    +-----------+-----------+                      |
        |                    |           |           |                      |
        +--------------------+           |           +----------------------+
            +----------------------------+----------------------------+
            |                            |                            |
            |10.0.0.51                   |10.0.0.52                   |10.0.0.53 
+-----------+-----------+    +-----------+-----------+    +-----------+-----------+
|   [node01.srv.world]  |    |   [node02.srv.world]  |    |   [node03.srv.world]  |
|     Object Storage    +----+     Object Storage    +----+     Object Storage    |
|     Monitor Daemon    |    |                       |    |                       |
|     Manager Daemon    |    |                       |    |                       |
+-----------------------+    +-----------------------+    +-----------------------+

[1] クラスター内の任意のノードで、ダッシュボード モジュールを有効化します。
また、ダッシュボードはデフォルトでは要 SSL/TLS となっているため、自己署名の証明書を作成します。
[root@node01 ~]#
sudo ceph mgr module enable dashboard

[root@node01 ~]#
sudo ceph mgr module ls

{
    "enabled_modules": [
        "dashboard",
        "iostat",
        "restful"
    ],
    "disabled_modules": [
        {
            "name": "ansible",
            "can_run": true,
.....
.....

# 自己署名の証明書を作成

[root@node01 ~]#
sudo ceph dashboard create-self-signed-cert

Self-signed certificate created
# ダッシュボード用のユーザー作成

# [ceph dashboard ac-user-create (username) (password) administrator]

[cent@node01 ~]$
sudo ceph dashboard ac-user-create cent password administrator

{"username": "cent", "lastUpdate": 1560292901, "name": null, "roles": ["administrator"], "password": "$2b$12$w60gItcbKd6PULNYI9McmOBMiAzFoKJ9T9XGva8vC6dxIyqMsE4kK", "email": null}

# ダッシュボードの URL 確認

[cent@node01 ~]$
sudo ceph mgr services

{
    "dashboard": "https://node01.srv.world:8443/"
}
[2] ダッシュボードを設定したノードで Firewalld を有効にしている場合は、確認時に表示されたポートの開放が必要です。
[cent@node01 ~]$
sudo firewall-cmd --add-port=8443/tcp --permanent

[cent@node01 ~]$
sudo firewall-cmd --reload

[3] 任意のクライアントホストで Webブラウザを起動し、確認したダッシュボードの URLへアクセスすると Ceph ダッシュボードのログイン画面が表示されます。[1] で追加したユーザーでログイン可能です。 ログインすると Ceph クラスターの様々な状態を確認することができます。
関連コンテンツ