CentOS 6
Sponsored Link

Xfceデスクトップ環境に切り替える
2013/06/14
 
軽量で高速なXfceデスクトップ環境に切り替えてみましょう。
[1]
まず最初にEPELリポジトリを追加して、 リポジトリが有効な状態にしておいてください。
[2] 「システム」-「管理」-「ソフトウェアの追加と削除」をクリックして開いてください。
[3] 左上のカテゴリで「パッケージのコレクション」をクリックし、 右側に出てきたリストの中から以下のように「Xfce」を選択してチェックを入れ、下の「適用」ボタンをクリックしてください。
[4] 「インストール」ボタンをクリックして続行してください。
[5] rootパスワードを求められるので、入力して認証してください。 認証が成功するとインストールが開始し、ほどなくして完了します。
[6] インストールが完了すると早速起動するか問われますが、対象が何もないので「閉じる」をクリックしてキャンセルしてください。
[7] デスクトップ環境を切り替えるために、一旦、ログアウトしてください。
[8] 見慣れたログイン画面です。ログインしたいユーザーを選択して進めてください。
[9] ログインユーザーを選択するとパスワード入力画面になりますが、 同時に下側のパネルに以下のように「GNOME」か「KDE」か「Xfce」を切り替えるセレクトボックスが出現します。 ここで以下のように「Xfce セッション」を選んでパスワードを入力し、ログインしてください。
[10] Xfceデスクトップ環境が起動しました。初回のみ以下のような確認がでます。 とりあえず「デフォルト設定を使用する」を選択してクリックしておけば問題ないです。
[11] 「Xfce セッション」でデスクトップが起動しました!
[12] 軽量・高速を謳っていますが、見た目もなかなかきれいです。好みに応じて使い分けてください。
 
Tweet