CentOS 6
Sponsored Link

スクリーンセーバーを設定する
2013/06/25
 
スクリーンセーバーを設定してみましょう。
[1] デスクトップ上段メニューから、「システム」-「設定」-「スクリーンセーバー」をクリックしてください。
[2] スクリーンセーバーの設定画面が起動します。
ここで左上のリストから好きなスクリーンセーバーのテーマを選択して設定してください。
「アイドル状態になったらスクリーンセーバーを起動する」にはチェックを入れておいてください。 そうすることで、アイドル状態になった時にスクリーンセーバーが起動するようになります。
「スクリーンセーバーが起動したら画面をロックする」の項目にチェックを入れておくと、 スクリーンセーバーから復帰する際にパスワード認証が必要になります。 好みに応じて設定してください。企業内等では特に必要とされる機能でしょう。
[3] スクリーンセーバーが起動すると、以下のように設定したテーマが画面いっぱいに表示されるようになります。
 
Tweet