CentOS 6
Sponsored Link

ファイル/フォルダの圧縮・展開
2013/06/11
 
コンピュータ内のファイル/フォルダを圧縮・展開してみましょう。
Windows の標準搭載の機能では圧縮/展開可能な形式は ZIP のみですが、 CentOS Linux では標準で ZIP以外の様々な形式に対応しています。
[1] まずはファイルの圧縮をしてみましょう。適当なフォルダを開き、圧縮したいファイルを右クリックしてください。 すると以下のようにメニューが出てくるので、「圧縮」を選択してクリックしてください。
[2] デフォルトの圧縮形式は「tar.gz」です。そのままでよければ「作成」ボタンをクリックしてください。
[3] 以下のように圧縮したファイルが作成されました。
[4] なお、「ファイル名」の欄の横で、圧縮形式を以下のように「.zip」を選択し、 「その他のオプション」をクリックして展開すると、以下のようにパスワードを入力することができます。 パスワードを入力すると、パスワード付きの圧縮ファイルを作成することができます。
[5] 圧縮したファイルを展開してみましょう。 展開したい圧縮ファイルを右クリックすると以下のようにメニューが出てくるので「ここに展開する」を選択してクリックしてください。
[6] ファイルが展開されました。展開先フォルダに同名のファイルがすでにある場合、以下のように「ファイル名(2)」というファイル名で展開されます。
[7] なお、圧縮ファイルは左ダブルクリックすると、以下のように書庫マネージャが起動し、展開することなく中身を閲覧することができます。
関連コンテンツ
 
Tweet