CentOS 6
Sponsored Link

リポジトリを追加する - RPMforge
2013/05/28
 
有用なソフトウェアが多数提供されている RPMforge リポジトリを追加して、 そこからソフトウェアをインストールできるようにします。
[1] Firefox を起動して http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/ へアクセスし、 「rpmforge-release-*.*.*-*.el6.rf.x86_64.rpm」というファイルをクリックしてダウンロードします。 「*」の番号はより新しいものを選択してください。
[2] そのまま「プログラムで開く」を選択しOKします。
[3] 「インストール」をクリックしてください。
[4] rootパスワードを求められるので、入力して認証してください。 認証が成功するとインストールが開始し、ほどなくして完了します。
[5] インストール後、「システム」-「管理」-「ソフトウェアの追加/削除」をクリックします。
[6] 「ソフトウェアの追加/削除」画面起動後、以下のように「システム」-「ソフトウェアソース」をクリックします。
[7] 以下のように RPMForge のリポジトリが追加されていることを確認してください。
デフォルトでは「RPMForge.net - dag」にチェックが入っていて有効な状態になっていますが、 通常はチェックを外して無効にしておいてください。これは他リポジトリとのソフトウェアの競合を避けるためです。 よって、面倒ではありますが、RPMForgeリポジトリが必要な時のみチェックを入れて有効にし、必要なものをインストールして、 完了後にまた無効に戻すようにしてください。 なお、チェックを入れたり外したりして有効/無効を切り替えるには、root権限が必要です。
 
Tweet