CentOS 6
Sponsored Link

仮想マシン作成
2014/08/07
 
インストールした VMware Player にゲストOSをインストールして仮想マシンを作成します。 例として Windows Server 2012 R2 をインストールしてみます。 操作は GUI で行うためデスクトップ環境を導入済みが前提です。
[1] [Applications] - [System Tools] - [VMware Player ] を起動します。
[2] 「Create a New Virtual Machine」をクリックして、仮想マシンの作成ウィザードを起動します。
[3] ゲストOS をどのようにしてインストールするか選択します。上から、インストールDVD、ISO イメージ、後からインストール、です。 ここでは ISO イメージで進めます。Windows Server 2012 R2 の場合、以下のように自動認識され、簡易インストールモードになります。
[4] Windows に必要な情報を入力して次へ進みます。
[5] 仮想マシンの名前とディスクイメージの格納場所を指定します。
[6] ディスクサイズを指定します。
[7] 設定の確認画面になります。設定をカスタマイズするのであれば、「Customize Hardware」をクリックします。
[8] ここで割りてるメモリ容量や仮想CPU数、ネットワーク設定等を変更できます。 ちなみにこれらの設定はこの仮想マシン作成時でなくとも、作成後でも好きなときに変更可能です。
[9] 全てOKであれば「Finish」をクリックします。
[10] 仮想マシンが起動します。インストールは通常の手順と同じなので割愛します。
[11] インストールが完了し、仮想マシンが起動しました。
 
Tweet