CentOS 6
Sponsored Link

Puppet - 使い方 [service リソース]
2014/01/26
 
マニフェストで宣言できるリソースタイプのうち、ここでは「service」リソースを例にします。
[1] httpd が 起動している状態を維持管理する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
service { 'httpd':
    name   => 'httpd',
    ensure => running,
}
[2] httpd が 起動している状態を維持管理する。 httpd がインストールされていなければ起動できないので package リソースで require 指定して installed の状態を合わせて維持する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
package { 'httpd':
    provider => yum,
    ensure   => installed,
}
service { 'httpd':
    name    => 'httpd',
    ensure  => running,
    require => Package['httpd'],
}
[3] httpd が 起動していない状態を維持管理する。(起動していたら停止する)
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
service { 'httpd':
    name   => 'httpd',
    ensure => stopped,
}
[4] /etc/httpd/conf/httpd.conf が更新されたら httpd を再起動する。
[root@dlp ~]#
vi /etc/puppet/manifests/site.pp
file { '/etc/httpd/conf/httpd.conf':
    ensure => file,
    owner  => 'root',
    group  => 'root',
    mode   => 644,
    source => 'puppet://dlp.srv.world/extra_files/httpd.conf',
    notify => Service['httpd'],

}
service { 'httpd':
    name   => 'httpd',
    ensure => running,
}
 
Tweet