CentOS 6
Sponsored Link

PHP 7.1 インストール
2016/07/28
 
CentOS 6 標準の PHP のバージョンは 5.3系ですが、7.1系を RPM パッケージでインストールします。
[1] Remi's Repository からインストール可能です。
なお、デフォルトバージョンの 5.3系がインストールされた状態でも、Software Collections パッケージは別パスにインスールされるため、複数バージョンの共存が可能となっています。
[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=remi-safe -y install php71
[2] PHP 7.1 パッケージは /opt 配下にインストールされ、/bin/php71 に本体へのリンクが作成されます。
「php」でアクセスしたい場合は、環境変数を読み込んで利用することになります。
[root@dlp ~]#
php71 -v

PHP 7.1.0beta1 (cli) (built: Jul 21 2016 12:44:07) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0-dev, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
[root@dlp ~]#
which php71

/usr/bin/php71
[root@dlp ~]#
ll /usr/bin/php71

lrwxrwxrwx. 1 root root 32 Jul 29 13:00 /usr/bin/php71 -> /opt/remi/php71/root/usr/bin/php
# SCL ツールで環境変数を読み込むと "php" でアクセス可能

[root@dlp ~]#
scl enable php71 bash

[root@dlp ~]#
php -v

PHP 7.1.0beta1 (cli) (built: Jul 21 2016 12:44:07) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0-dev, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
[3] ログイン時に自動的に環境変数を読み込んで有効にするには以下のように設定します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/profile.d/php71.sh
# 以下の内容で新規作成

#!/bin/bash

source /opt/remi/php71/enable
export X_SCLS="`scl enable php71 'echo $X_SCLS'`"
[4] Apache httpd で 7.1系を利用する場合の設定です。
# Remiからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=remi-safe -y install php71-php
# 旧バージョンの設定ファイルがもしあれば、リネームして無効化

[root@dlp ~]#
mv /etc/httpd/conf.d/php.conf /etc/httpd/conf.d/php.conf.org

[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

# phpinfo を作成して確認

[root@dlp ~]#
echo '<?php phpinfo(); ?>' > /var/www/html/info.php

[root@dlp ~]#
curl http://localhost/info.php | grep 'PHP Version' | tail -1 | sed -e 's/<[^>]*>//g'

  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 68819    0 68819    0     0  5529k      0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 6109k
PHP Version 7.1.0beta1
 
Tweet