CentOS 6
Sponsored Link

OpenStack Havana - Computeノードを追加する
2013/10/23
 
Computeノードを追加してみます。いわゆる計算ノードです。 Computeノードを追加することにより、より多くのインスタンスを扱うことができます。
以下の例では、計算ノード用に新規に物理的に別マシンを準備して設定してみます。
[1]
まずは、Computeノードに必要な KVMハイパーバイザを、こちらを参考にインストールしておいてください。 リンク先 [2] のブリッジの設定は必要ありません。
[2] Nova-Compute, Nova-Network インストール
# EPEL OpenStack, EPELからインストール

[root@node01 ~]#
yum --enablerepo=openstack-havana,epel -y install openstack-nova-compute openstack-nova-network
[3] Nova 設定
[root@node01 ~]#
vi /etc/nova/nova.conf
# 65行目:コメント解除し変更(自ホスト名)

host=
node01.srv.world
# 68行目:コメント解除(IPv6が不要な場合)

use_ipv6=false
# 100行目:コメント解除

state_path=/var/lib/nova
# 191行目:コメント解除

enabled_apis=ec2,osapi_compute,metadata
# 197行目:コメント解除

ec2_listen=0.0.0.0
# 200行目:コメント解除

ec2_listen_port=8773
# 206行目:コメント解除

osapi_compute_listen=0.0.0.0
# 209行目:コメント解除

osapi_compute_listen_port=8774
# 237行目:コメント解除

network_manager=nova.network.manager.FlatDHCPManager
# 274行目:コメント解除

rootwrap_config=/etc/nova/rootwrap.conf
# 287行目:コメント解除

api_paste_config=api-paste.ini
# 320行目:コメント解除し変更

auth_strategy=
keystone
# 909行目:コメント解除し Glance サーバーを指定

glance_host=
10.0.0.30
# 912行目:コメント解除

glance_port=9292
# 916行目:コメント解除

glance_protocol=http
# 921行目:コメント解除

glance_api_servers=$glance_host:$glance_port
# 980行目:コメント解除

network_api_class=nova.network.api.API
# 988行目:コメント解除

network_driver=nova.network.linux_net
# 1060行目:コメント解除

dhcpbridge_flagfile=/etc/nova/nova.conf
# 1066行目:コメント解除しパブリック用のインターフェース名を指定

public_interface=
eth0
# 1072行目:コメント解除

dhcpbridge=/usr/bin/nova-dhcpbridge
# 1101行目:コメント解除

linuxnet_interface_driver=nova.network.linux_net.LinuxBridgeInterfaceDriver
# 1146行目:コメント解除し適当なブリッジインターフェイス名を指定

flat_network_bridge=
br100
# 1157行目:コメント解除しフラットDHCPブリッジに使用するインターフェース名を指定

flat_interface=
lo
# 1308行目:コメント解除

security_group_api=nova
# 1434行目:コメント解除

log_dir=/var/log/nova
# 1448行目:コメント解除し Memcached サーバーを指定

memcached_servers=
10.0.0.30:11211
# 1457行目:コメント解除し追記

notification_driver=
nova.openstack.common.notifier.rpc_notifier
# 1491行目:コメント解除

rpc_backend=nova.openstack.common.rpc.impl_qpid
# 1596行目:コメント解除し Qpid サーバーを指定

qpid_hostname=
10.0.0.30
# 1599行目:コメント解除

qpid_port=5672
# 1801行目:コメント解除

scheduler_default_filters=RetryFilter,AvailabilityZoneFilter,RamFilter,
ComputeFilter,ComputeCapabilitiesFilter,ImagePropertiesFilter
# 1919行目:コメント解除

compute_driver=libvirt.LibvirtDriver
# 1940行目:コメント解除

firewall_driver=nova.virt.libvirt.firewall.IptablesFirewallDriver
# 1970行目:コメント解除

libvirt_type=kvm
# 2011行目:コメント解除

libvirt_vif_driver=nova.virt.libvirt.vif.LibvirtGenericVIFDriver
# 2147行目:コメント解除

libvirt_use_virtio_for_bridges=true
# 2855行目:コメント解除し Nova DB情報を指定

connection=mysql://
nova:password@10.0.0.30/nova
# 3377行目:コメント解除しテナント名を指定

admin_tenant_name=
service
# 3380行目:コメント解除し管理者ユーザー名を指定

admin_user=
nova
# 3383行目:コメント解除し管理者ユーザーのパスワードを指定

admin_password=
servicepassword
# 3386行目:コメント解除しKeystoneサーバーを指定

auth_host=
10.0.0.30
# 3389行目:コメント解除

auth_port=35357
# 3392行目:コメント解除

auth_protocol=http
# 3395行目:コメント解除

auth_version=v2.0
# 3400行目:コメント解除

signing_dir=/var/lib/nova/keystone-signing
[root@node01 ~]#
for service in compute network; do
/etc/rc.d/init.d/openstack-nova-$service start
chkconfig openstack-nova-$service on
done

Starting openstack-nova-compute:                           [  OK  ]
Starting openstack-nova-network:                           [  OK  ]
[4] サービスが正しく起動しているか確認してください。以下のように計算ノード分が追加されていればOKです。 あとは、制御ノードのスケジューラが設定に従って、適切な計算ノード上でインスタンスを起動してくれます。
[root@node01 ~]#
nova-manage service list

Binary           Host                       Zone             Status     State Updated_At
nova-scheduler   dlp.srv.world           internal         enabled    :-)   2013-10-23 13:08:17
nova-network     dlp.srv.world           internal         enabled    :-)   2013-10-23 13:08:22
nova-cert        dlp.srv.world           internal         enabled    :-)   2013-10-23 13:08:17
nova-consoleauth dlp.srv.world           internal         enabled    :-)   2013-10-23 13:08:17
nova-conductor   dlp.srv.world           internal         enabled    :-)   2013-10-23 13:08:17
nova-compute     dlp.srv.world           nova             enabled    :-)   2013-10-23 13:08:19
nova-compute     node01.srv.world        nova             enabled    :-)   2013-10-23 13:08:13
nova-network     node01.srv.world        internal         enabled    :-)   2013-10-23 13:08:03
関連コンテンツ