CentOS 6
Sponsored Link

Apache httpd インストール/設定
2014/08/25
 
httpd をインストールして Web サーバーを構築します。
[1] httpd をインストールします。
[root@www ~]#
yum -y install httpd
# ウェルカムページ削除

[root@www ~]#
rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf

# デフォルトエラーページ削除

[root@www ~]#
rm -f /var/www/error/noindex.html

[2] httpd の設定です。サーバーの名前等は自身の環境に置き換えて設定してください。
[root@www ~]#
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
# 44行目:変更

ServerTokens
Prod
# 76行目:キープアライブオン

KeepAlive
On
# 262行目:管理者アドレス指定

ServerAdmin
root@srv.world
# 338行目:変更

AllowOverride
All
# 276行目:コメント解除しサーバー名指定

ServerName
www.srv.world:80
# 402行目:ディレクトリ名のみでアクセスできるファイル名を追加

DirectoryIndex index.html
index.htm
# 536行目:変更

ServerSignature
Off
[root@www ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd start

Starting httpd:     [ OK ]
[root@www ~]#
chkconfig httpd on

[3] IPTables を有効にしている場合は、HTTP ポートの許可が必要です。HTTP は 80/TCP を使用します。
「-I INPUT 5」の箇所は自身の環境を確認して、適切な値に置き換えてください。
[root@www ~]#
iptables -I INPUT 5 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 80 -j ACCEPT

[4] HTMLテストページを作成して動作確認をします。クライアントPC で Web ブラウザを起動し、以下のように作成したテストページにアクセスできれば OK です。
[root@www ~]#
vi /var/www/html/index.html
<html>
<body>
<div style="width: 100%; font-size: 40px; font-weight: bold; text-align: center;">
Test Page
</div>
</body>
</html>
 
Tweet