CentOS 6
Sponsored Link

Docker : インストール
2014/03/13
 
コンテナ型仮想化ツール Docker をインストールします。
[1] Docker をインストールします。
# EPELからインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install docker-io
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/docker start

Starting cgconfig service:            [  OK  ]
Starting docker:                      [  OK  ]
[root@dlp ~]#
chkconfig docker on

[2] CentOS の公式イメージファイルをダウンロードしてコンテナ環境を作成し、コンテナ環境から「Welcome to the Docker World」を実行します。 ダウンロードは当然、初回実行時のみです。
[root@dlp ~]#
docker run centos /bin/echo "Welcome to the Docker World"

Unable to find image 'centos' locally
Pulling repository centos
539c0211cd76: Download complete
Welcome to the Docker World    
# 実行された
[3] コンテナ環境の対話型シェルセッションに接続するには以下のように i オプションと t オプションを付けます。 コンテナ環境内で exit すると、ホストのコンソールに戻ってコンテナ環境のプロセスは終了します。
[root@dlp ~]#
docker run -i -t centos /bin/bash

[root@dbc598a44dc1 /]#    
# 接続できた
bash-4.1#
uname -a

inux dbc598a44dc1 2.6.32-504.3.3.el6.x86_64 #1 SMP Wed Dec 17 01:55:02 UTC 2014 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
[root@dbc598a44dc1 /]#
exit

exit
[root@dlp ~]#    
# 戻った
[4] コンテナ環境の対話型シェルセッションからコンテナ環境のプロセスを残したまま、ホストのコンソールに戻るには Ctrl+p, Ctrl+q キーを押下します。
[root@dlp ~]#
docker run -i -t centos /bin/bash

[root@9e0fec01611f /]# [root@dlp ~]#    
# Ctrl+p, Ctrl+q でホストに戻る
[root@dlp ~]#
docker ps
   
# docker プロセス表示

CONTAINER ID   IMAGE       COMMAND         CREATED             STATUS           PORTS   NAMES
9e0fec01611f   centos:7    "/bin/bash"     36 seconds ago      Up 34 seconds            sad_yonath

# 再びコンテナ環境に接続する

[root@dlp ~]#
docker attach 9e0fec01611f

[root@9e0fec01611f /]#    
# 接続できた
# ホスト側からコンテナ環境のプロセスを終了する

[root@dlp ~]#
docker kill 9e0fec01611f

[root@dlp ~]#
docker ps

CONTAINER ID    IMAGE          COMMAND       CREATED          STATUS          PORTS     NAMES
 
Tweet